なががなブログ - 2009/08

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2009年8月
           
         

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:329
昨日:311
累計:4,910,955


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2009年08月31日(Mon)▲ページの先頭へ
化物語(アニメ)第6話&第7話&第8話

「するがモンキー」

アニメ版八九寺にも慣れてきた今日このごろ、これはこれでアリかも。

神原駿河
違和感バリバリ。
ドラマCDの時はまぎれもなく神原だったのに、アニメ本編では別人としか思えない演技。
うーん、録りが後だったのかなドラマCDの方が。

どう表現されるか楽しみだった神原部屋、家も含めてこれは無い(断言)。
舞台のイメージ落差はワザとだよねもはや。

忍野カッコイイ
ってそういうキャラじゃねーだろ。

ラストの吸血鬼VS悪魔バトル
化物語では貴重なバトル描写でなかなか読み応えのある部分だったのに
えらくあっさりとボコられるだけに短縮。
長靴の話とか好きだったのにな。

最後はまたも戦場ヶ原締め。
原作どおりではあるけど、やっぱアニメ版は戦場ヶ原メインの演出にかたよってる。
それはそれでいいんだけど、話自体の力点がやっぱおかしいよ。
するがモンキーも3話かけてこのオチじゃ「?」です。
都合のいいところだけをピックアップしてきて構成しなおしているだけでホントのエッセンスが入ってない感じ。


2009年08月30日(Sun)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディエンド

最終回でアポロガイストに止めを刺したディエンド登場。

基本はディケイドと同クオリティでフィギュアーツとしては下のレベル。
ただディケイドのようなありえないアレンジ顔ではなく、ふつーに見られる出来なのが大きな違い。

ディケイドと同じようにライダーカードとカード持ち手も付属。
ディケイドのライドブッカーでは省略されていたパーソナルマーク(?)もベルトバックルにきちんと印刷されているのも大きなプラス要素。

武装はディエンドライバーオンリー。
銃口が開いていないのはいつもの事として
ライドブッカーと違い変形もしないのだから、カード挿入時のスライドくらいは再現して欲しかった。

ディケイドの後に見ると出来がよく見えてしまうが、これが平均レベルになるのであればフィギュアーツも終わりでしょう。


2009年08月27日(Thu)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ秘め話CD1

娘TYPE(にゃんタイプ)誌上限定通販のドラマCD
到着!

左からブックレット、CDケース、紙ケース
クールなデザインの紙ケースに対して、中のCDジャケットはきちんと萌え仕様。

ブックレット「秘メ話手引書 壱」
ストライクウィッチーズにかこつけた雑学解説書?
戦艦とかロンドンとかタロットカードについてのウンチク

ドラマCD本編
メインはウィッチ達の休日。
コメディ要素はあるがドラマCDにありがちな本編無視のムチャクチャエピソードではなく
きちんとキャラクターを描いている良エピソード。
アニメ本編好きなら聞くべき

後日談「扶桑へ」
待望の続編か!と思わせておいて
メインはみっちゃん!
何このボーイミーツガール(レギュラーを差し置いて!)。
みっちゃん派必聴。

元々シリアスなストーリーがメインのアニメじゃないので
このドラマCDは正解。
Vol.2からも買い決定。


2009年08月26日(Wed)▲ページの先頭へ
聖剣メタルキーホルダー「スウェーデンボルグ」

ひとことで言うとリトルウィッチ版メタルチャームコレクション。
聖剣のフェアリースの聖剣がメタル製のキーホルダーになっています。

新たな騎士「神北小鞠」参戦

カリスマ「幸せスパイラル」(効果不明)

mobip小鞠には握り手が付いてないのでfigma眞姫那から拝借。
メタル製の剣を保持するのはきついが写真のように立てた状態ならなんとか可能。

第一弾のゲオルギウスはエッジがダルダル過ぎてミニチュアとしては落第だったが
スウェーデンボルグはデザインが直線的なのでシャープさは変わらないが充分使用に耐えうる外観。

フィギュアの武装として使うにはキーホルダー用の鎖が邪魔。
ただ鎖にはしっかりした物が使われていて、外したら元に戻すのは難しい感じ。

切り!

横にすると保持不可能。
di:stageのつかみスタンドで別途支える。

残りの一本であるシメオンは出るのかな?
なまじただの日本刀の外観なんで出しても微妙だしな。
逆に考えたらどっかの日本刀を持ってきて並べればいいか。


おまけ
アタックライド ゲオルギウス!


コレはむちゃくちゃ楽しい!
統一スケールである(?)1/12でゲームウェポンシリーズとかどっかで出してくれないかな?
第一弾はカオスヘッド編でディソード全7種とか。


2009年08月25日(Tue)▲ページの先頭へ
円環少女10 運命の螺旋


いきなり仁の妹「舞花」が幼女姿で復活という漫画チックな展開に萎え萎え。
ただ今回は仕込みの段階らしく、話のメインはついに明かされるメイゼルの過去。

前巻で姿をあらわしたラスボスっぽい九位<ノーヴェ>とメイゼルの因縁も描かれる。
円環世界での超高位魔道師が人間兵器すぎて今までの魔術師描写と重ならない。
音速を超える速度で高空を飛びまわり、戦闘エリアは数千キロ単位、破滅の化身で千人以上に分身とか、もはや別番組状態。
雷神って地下で核を守ってたヤツでしょ? スケールが違いすぎて全然同一人物に見えない。

相変わらずの仁関連のグダグダした心情描写は最悪だが
そこを無視さえ出来れば盛り上がり続けるストーリーは非常に熱い!

この話ってアニメ化したらムチャクチャおもしろくなるんじゃない?
ガンである地の文による心情説明がなくなるから。


2009年08月22日(Sat)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド

通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ。

ということで待望のディケイドフィギュアーツ。

ライドブッカーは三形態付き。
ライダーカード付属。
カード専用持ち手付き!
と基本の仕様は充分満足。

蛍光ピンクで目に痛い塗装も慣れれば問題なし。

ただ人形の命というべき顔が最悪の出来。
パッケージ裏のサンプルからさらにj改悪されている悲惨な状態。
左右の目が繋がり、顔のど真ん中につなぎ目、アゴの銀色部分がウソのように広くなっている。
ギャグ以外の何者でもないです。

※写真のディケイドは改修しています。

ガンモード

ソードモード

あらためてフィギュアーツ素体の優秀さとバンダイの最悪さを確認。

ホントは顔にささったカードが薄いとか、額のクリア部分が塗装になってるとか、ライドブッカーにマークがないとか、細かい不満が色々あるはずなのに、それらが吹き飛ぶ顔の手抜き具合。

サービス精神などバンダイに求めることは無駄以外の何者でもないが
この顔で出すのは常識ではありえない。
さすがバンダイ……。


2009年08月18日(Tue)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 ガンダムエクシアR2

ROBOT魂エクシアに魂ウェブ商店通販の
「ガンダムエクシア対応
ガンダムエクシアリペアII換装バーツ」
を換装。

注文時は不安だったROBOT魂エクシアの出来も良かったし
これは買いのクオリティ。

GN-001RII GUNDAM EXIA Repair II

換装部分は
GNソードのシールド部以外
両腕はまるごと交換
脚部のふとももカバーの交換と脛から下の脚部の交換
腰後部アーマー交換

腕がまるごととか思っていた以上にパーツがある。
それが逆に換装を容易にしていて面倒さは最小限に抑えられている。
少なくともGFFやS.I.C.の換装とは別次元に簡単。

GNソード改のグリーン部はクリアパーツ。
ダブルオーライザーのGNソードIIIとの差別化のためか、長さはGNソードより結構短い。

魂ウェブ商店限定とは言えリペアの発売も決定してエクシア好きにはたまらない状態。
ROBOT魂ノリノリです。


2009年08月14日(Fri)▲ページの先頭へ
コミケ76初日

コミックマーケット2009年夏一日目のログ

企業もサークルもコレという目玉がなかったので東、西どちらの待機列に並ぶか現地まで悩む。
結局、初日は西という習慣に従って西待機列へ。

去年に引き続き異常な人出。
もう夏はこれが通常になってしまったのかな……。
始発で西広場正面のメインストリート(?)の左側列先頭付近。
始発を乗り過ごした去年と同じくらいの場所。

しかも開場前に上に登ることすら無かった。
入場した時には30分が過ぎているorz。

正直始発で来た意味が無い状態。
この時間だと大手どころか中堅どころも延々と列が出来てしまっている。
ほとんど何も買うことが出来ず列無しをいくつか買って、innocent Greyに並んでタイムアップ。
(というか何でイノグレがこんなに混んでいるのかが謎だが)

11時半ごろには東館へ移動してサークル狩り(?)
定番のbolze.から開始してチョコレートショップ、甲冑娘と目当てだった所は全て買えたので企業を先にして正解だったかな。
(でもbolze.は買うちょっと前で1限になったのでギリギリだったが)

午後、サークル終了後企業へ戻る。
CUFFS、Lass、ハイクオとか列は無いがモノも無い。
この辺が明日の目標だな。

リーフは痕とToHeart2で今更客が集まるわけも無く、余裕で列なし。
イベントはどうでもいいが、いいかげん真面目に新しい作品を作らないとヤバイことを自覚してほしい。

今回のワーストブースはAXL。
とりあえずめったに進まない超牛歩戦術。
外の列が終了したと思ったら、中にも同等以上の列という精神攻撃。
よもやAXLでしかもあの人数で2時間近くも並ばされるとは……。


2009年08月12日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト グランドフォーム

アギトの基本フォームであるグランドフォーム

フィギュアーツ最高傑作の評価もあるアナザーアギトとは方向性が違うがこちらも充分にハイクオリティ。
可動は広いし、金色の表現も鈍い光沢があり基本フォームとは思えない見栄えのよさ。
もともと角のデカイアギトなので頭部の違和感もないし通常ライダーの中ではトップの出来かも。

クロスホーンの展開はフィギュアーツ初(?)の顔面の換装により再現。
顔面を外した状態はかなり引くが、構造がわかって興味深い。

手首が握り手とモミ手の二種類しかないという、超手抜き仕様。
本体自体の出来がいいだけにもったいない。
ある意味バンダイらしいんだけど……。


2009年08月11日(Tue)▲ページの先頭へ
オリジナルドラマCD 佰物語


化物語アニメ版キャストによる小話百連発

お題を決めた小話は本編準拠のクオリティ。
声がつくことによってより面白く感じるものもある。

なんといっても神原のクオリティが高すぎる!
これを屋外で聞くことはあまりに危険。
何回吹きだしてしまったことか。

ただ化物語キャラクターの中で神原と双璧をなすしゃべり手である八九寺の活躍がいまひとつ。
これはやはり声優チョイスのせいなのか?
まあ瞬発力の神原に対して繰り返しの八九寺が不利というのもあるかもだけど。

時期が時期だけに全員出るのかと心配していたが
神原も撫子もふつうに登場。
というか忍もしゃべってるじゃん。

完全なるファンアイテム。
あらたなストーリーが展開するわけでもなく、たんに掛け合いが百連発するだけ。
といってもそっちが本編だからなこのシリーズは。


2009年08月10日(Mon)▲ページの先頭へ
mobip 神北小鞠

「figmaのパチもの」というイメージを覆すアオシマの良アクションフィギュア。

リトルバスターズの「ほんわりきゅーとなメルヘン少女」神北小鞠

顔は文句無し。
ほんとフロ○○○ンは何だったんだって感じ。
figmaでなくても、このクオリティで出せるんだから。

ちょっとベタ塗りっぽっく見えるが塗りのクオリティ自体は高く
選別は必要ない感じ。

何気に上半身のセーターはオール軟質素材。
すそがめくれます。

へたに隠せないなら露出しちゃえ!という逆転の発想で丸見えの球体股関節。
それが逆に色ぽ系を感じさせる不思議。
パンツ換装もあるし下半身に関してはfigma以上かも。

ただし全体で見ればまだまだfigmaに及ばない点も多い。
オプションの平手とかは異常な形状だし、可動なんかは明らかに劣る部分がある。

結論として充分figmaの補完として購入対象になるクオリティ。
ラインナップを重ねないでお互いの隙間を埋める感じで展開して欲しい。
まずはリトバスの(私的)No1キャラ西園 美魚をお願いします!
美鳥ヘッドと日傘付きで!!

テンパイ即リー、わーいわーい!


2009年08月09日(Sun)▲ページの先頭へ
di:stage祭ジャンボリー ペーパークラフト

ジャンボリーで先行発売されたdi:stageに配布ペパクラをセット。
このペパクラ+di:stageというのが最高に楽しい!

エクシア「だまって並べ」(シャキン)

ちょうどfigmaが手近になかったのでROBOT魂のエクシアを店員に。

何このクオリティの高さ。
正直ペパクラとかdi:stageにはそんなに興味が無かったのだが
自分で組み立てる楽しさと出来上がったジオラマの遊び甲斐が素晴らしい。
プロモーションというより啓蒙活動として最高に効果的!

このペパクラ自体がdi:stage用ペパクラを作成する上で非常に役に立つ見本。
組み立てると一番重要なモチベーションもモリモリ上がるし。
特に台座にピタッとはまる型紙はテンプレとして画像ファイルを公開して欲しい。

オフィシャルブログを読んでもいまひとつ実感できなかったが、さわってわかるdi:stageの遊び甲斐。
自作にも挑戦したいけど、イベントで展示していた背景ペパクラも早く商品化してくれないかな。


2009年08月08日(Sat)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 ガンダムエクシア

いろいろ買ってきたエクシア
今回のロボ魂版は人体に近いアレンジ?

GN-001 GUNDAM EXIA

やっぱエクシアの装備はGNソード+ビームサーベルの第1話装備が一番いい感じ。

装備はひととおり付属しているがGNソードのライフル部展開はやっぱりオミット。
大きさ的に難しければ別パーツ再現とかでもよかったんだけどな。

GNブレードマウント時の邪魔モノぶりや、ビームサーベルのポロポロ具合とかは相変わらず。
いちおう大腿部とGNブレードの接続部が独立可動するのでHGHCMProからは進化してるけど。

顔の塗りはきれいだし、やっとまともなROBOT魂ガンダムが出てくれた。
今時リペアパーツとR2パーツが付いていないのはマイナスだが買って損はない一体。


2009年08月06日(Thu)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーBlack RX

「仮面ライダーブラック!アールエックス!!」

ディケイドでまさかの登場を果たしたRX
フィギュアーツとしての出来もかなりいい。

グリーン部分がメタリックになっていて非常にカッコイイ。
S.I.C.の時も思ったけどRXって立体フィギュアになると見違えるようにカッコよく見える。

まさかのダブルブラック再現

こういうの事が出来るのが最高!ディケイド的にもフィギュアーツ的にも


2009年08月04日(Tue)▲ページの先頭へ
ヴァリアブルアクション ヴァーダント

よくもわるくもヴァリアブルバインダーが全て!

VARDANT

ネジが丸見えだが逆に保持力とか強度を期待させてプラス印象
だがしっかりした作りのせいで実際は保持力ゼロ。
接続補助パーツを使用してやっと写真のような広げた状態を保持できる。

ただ補助パーツは角度固定のため、防御形態のように曲げられないし、外すと高さが維持できない。
可能なのは写真のように地に着けたなんちゃって状態のみ。
せっかく本体を取り囲める数があるのにもったいない。
針金状の曲げられる補助パーツがあればよかったのに。

ヴァリアブルつながりだからかヴァリアブルバインダーは力が入っているのだが
ヴァーダント本体の出来は平均レベル。
究極のヴァーダント立体には程遠い。

部分部分を見るといいのだが、全体として良い印象がない。
狭い可動のためにポージングが不自由なのも原因かな?
あとキングスカッシャーの時も思ったけど開き手とかがへぼい。

正直写真を撮ったら売ろうとまで思っていたけど
撮影用にヴァリアブルバインダーをいじっていたら気に入ってきた。
やっぱこのヴァリアブルバインダーは魅力。


2009年08月03日(Mon)▲ページの先頭へ
化物語(アニメ)第4話&第5話

第4話「まよいマイマイ其ノ貳」

八九寺オープニング
あらためてアニメスタッフによる八九寺のキャラクター理解が原作とかけ離れていることがわかる。
全然違うだろコレ。

あと八九寺は小学生キャラなのに胸があるってのがアイデンティティのひとつなのに、何このつるぺた!
僕はお前を絶対許さない!

4話目になって作画もあやしくなってきてるし
褒めるべきところが次々と失われていく……。


第5話「まよいマイマイ其ノ參」
作画は酷いし、いいところ無し。と思ったらラストの戦場ヶ原はよかったな。
このスタッフ、戦場ヶ原をヒロイン化したいだけなのか?


2009年08月02日(Sun)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 マスラオ

SIDE MS最高傑作!
箱に入った状態だと「何このやせ細ったMSは?」状態だが可動域の広さもありポージングすると見違える。
「フラッグの面影が垣間見える見事な造形だ、カタギリ。」(自分の台座のセリフ)
とブシドーが言ったとおりの素晴らしい造形。

GNX-U02X MASURAO

ポリカーボネートを使用するに値する見事な出来。
サーベルはクリア形成、サングラスもクリアパーツと手抜かり無し。
本編でもこんなにカッコよくなかったのに。

もしかしてマスラオって両肩、両腰で4つもGNドライブ積んでる?
細い機体に4倍のパワーって燃える!(今さら過ぎです……)


2009年08月01日(Sat)▲ページの先頭へ
けいおん!1(ブルーレイ版)


目の覚めるようなくっきり鮮やか画質!
BS TBSのクソ画質に慣れた目にはまぶし過ぎる!!


字幕
テレビアニメで字幕が実装されているアニメは初めて。
難解な用語やセリフが出てくるアニメじゃないのでありがたみは少ないが。
オープニングとエンディングにも字幕が出るので擬似歌詞モードに、これはイイ。


映像特典「うらおん」
デフォルメのへぼ絵アニメ。
ほぼ止め絵だし、一発ネタだけだし、このために買う必要性は皆無。
期待はずれ過ぎ。


オーディオコメンタリー
キャストバージョンとスタッフバージョンが両方2話分収録という豪華仕様。
キャスト(声優)バージョンはえらいテンションでキャーキャー言ってるだけだが声優ファン向け?
スタッフバージョンはなかなか興味深い話もあるのだが、もごもご小声で聞き取れない。こっちに字幕を付けて欲しかった!?


1巻2話収録のぼったくり仕様ではあるが、この画質の美しさはソレを忘れさせるものがある。
内容の素晴らしいさは言うまでもないし。
今時DVDでしかソフトを出さない作品を買うよりは、こちらを買う方が数倍得することは保証。

あとは放課後ティータイム連動のふわふわ時間劇中バージョンCDが全プレだったら文句無かったんだけど。