なががなブログ - 2009/09

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2009年9月
   
     

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:47
昨日:319
累計:4,908,150


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2009年09月30日(Wed)▲ページの先頭へ
アクセル・ワールド2−紅の暴風姫−


真価が問われる2巻目
クオリティは1巻目から落ちることなく平均以上を維持。

サブタイトルにもなっている新キャラは読後の感想だとあまり目立っていないかった印象。
登場時は妹ロリキャラきたー!的なインパクトがあったんだけど、その後の鎧討伐の話にフォーカスが移りすぎてしまった。

どちらかというとキャラものではなく、設定ものに分類される小説なんだろうけど
その設定を効果的に見せるためのキャラ描写が足りない感じ。
ブレイン・バーストを所詮ゲームにすぎないリアルより下のものとして描きたいのか、それともその逆なのか
どちらにしてもリアル世界での話が薄すぎて、その辺がピンと来ない。
2倍の分量にして、キャラ描写とリアル世界の描写を増やせばすごく化けると思うのだけど。

てっきり攻撃力が不足している主人公用のスペシャルアイテムになるかと思った「災禍の鎧」
あっさり退場?

そういう面も含めて物語的な意外性というか異物感がないのも物足りない点。
全てが計算されていて、小さくまとまっているように感じてしまう。
文章力が低くても円環少女のように先が見えないカオスな話の方が惹かれるんだよな……。


2009年09月27日(Sun)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 アーバレスト

期待の新サイド SIDE AS ついに発売!
初弾がアーバレストというROBOT魂にしては素直すぎるラインナップだが嬉しいラインナップ。

ARX-7 ARBALEST

膝アーマーがOガンダムと同様のイミフ可動。
左膝に気付かず写真とってしまった……。

アルターのアーバレストと比べるとディティールは少ないが、完成品プラモ的なアルター版より動かすストレスがなく棲み分けは出来ている。
そして対戦車ナイフを咥えた頭部が付いているのは大きなアドバンテージ。
まあどっちも購入したが後悔はなし。

ラムダドライバ発動状態を差し替えで再現

最近のフィギュアーツ担当なら確実にWeb限定にしただろうこの形態をきちんと再現してくれるROBOT魂、あいしてる!
ただ見栄え的にもう少し上向きに羽が生えていればよかった(可動したら最高だった)んだが。

ROBOT魂はホント素晴らしい仕事を毎回してくれる。
ゴールが見えてきたSIDE KMFの次は断然SIDE ASに期待。
KMFに比べて機体種も少ないのでバリエーションも含めて完全網羅をお願いします。
Web限定でかまわないのでアルII世クロスボウを是非!


2009年09月26日(Sat)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 アドヴァンスドジンクス

魂ウェブ商店の限定通販品到着。

GNX-604T ADVANCED GN-X

ベースがジンクスなのでジンクスIIIと違いウザイX状のパーツが付いているが、重装備のアドジンだとちょうどいい感じ。
追加された頭部の角と両肩のディフェンスロッドがカッコイイ。

ランスのマウントパーツにはライフルのマウントも可能。

赤いデボラ機は色がイマイチでスルーしたがロングバレル狙いで買ったほうがよかったかも。


2009年09月24日(Thu)▲ページの先頭へ
果てしなく青い、この空の下で…。[完全版]体験版

続編リリース前の小遣い稼ぎサービスで出る完全版。
とりあえずボイスが気になったので体験版をプレイしてみた。

システム
超重要な縦書きモードも実装され
やっていて違和感もストレスも感じない。
OHPの記述によると回想モードの追加とセーブポイントが大幅増量されるらしいので現時点で心配な点はなし。

ボイス
違和感ありまくり。
古いうえに個人的に思い入れの強い作品だからというのもあるが
ちょっと全キャラ違う感が……。
少なくても雨音の声は明日奈役の人の方がよかったな、自分内のイメージ的に。

ただPS版の声優よりは格段にマシ。
体験版プレイ中に慣れてしまえるレベルなので、キャラと合ってはいると思う。


ご祝儀代わり+録り下ろしドラマのために購入すると思うけど
新パッケージ絵をたかみちが描いてくれるなら
続編も原画をして欲しかったな……。


2009年09月22日(Tue)▲ページの先頭へ
リボルテック ゲッタードラゴン

長い間待ちに待っていた最後のゲッター、ゲッタードラゴンがついに発売
しかも個人的にストライクな真ゲッター版ドラゴン!

エフェクトパーツを使用して、怪獣映画ふうにゲッタービーム発射画

マッハウイングを翼状にして飛行状態

マッハウイングって下に伸びてるマント状のイメージだったんだがリボ版は翼状に横に伸びている。
真ゲのドラゴンがこうなってたのかな?
まあウイングっぽいといえばウイングっぽいのでいいのか。


2009年09月21日(Mon)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 デビルフィッシュ

ROBOT魂金銀発売の銀の方、エウレカセブンSIDE LFO デビルフィッシュ。
パイロットは最悪だが、この機体は最高に好き。
とりあえずジエンドとデビルフィッシュを発売したROBOT魂は褒められていい。

Terminus type B303 Devilfish

設定無視の飛行状態。
このかたまり感、メカニカル感が立体ならでは。
やっぱりカッコイイよデビルフィッシュ。

両翼のレーザー砲が一軸可動なのがちょっと不満。
これがグリグリ動けばポーズももっと決まるのに。

一応リフボード状態も

エウレカ関連で欲しい機体はもう無いんだけど
スーパーパックかspec-Vが出たら買っちゃうかも。

そしてオール銀塗装ということは
これでヴィンセント指揮官機発売の条件はクリアされた!


2009年09月20日(Sun)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 アルヴァアロン DX the core of アルヴァトーレ

1期最終回を見た時「これほど欲しくないラストMSもないよな」と思ったほど、思い入れの無い金ジム。

正直買うか買わないか、買っても通常版でいいかなというレベルだったのだが
実物を見るとDXの金色塗装が美しすぎてDX版を迷わず購入。

GNMS-XCVII ALVAARON

鈍く光る全面金色塗装、クリアパーツによるアクセント。
ハッタリのきいたウイング、スタイリッシュな体型アレンジ。
アニメ本編の10割増しのカッコよさ。

ROBOT魂は本当に素晴らしい仕事をする。

あまりに美しい金色塗装のため、削れるのがイヤで動かしたくないほど、正直魂ステージのアームではさむのすらイヤ。

ランスロットから始まりガウェイン蜃気楼と金色塗装に力を入れてきたROBOT魂
その集大成である全面金塗装。

これでヴィンセント発売の条件はクリアされた!


2009年09月19日(Sat)▲ページの先頭へ
センコロール

個人制作でスゲーという話題作りは新海誠で終わったと思っていたのだが
絵柄とクリーチャーに惹かれて劇場へ見に行く。

実際見てみた感想は、話題になるだけあり個人作成とは思えないクオリティ。
そして何よりおもしろい。

プロの人はホントがんばってください。
レベルの低い原作付きアニメばっかり作ってる場合じゃないでしょ。

センコのかわいさはぬいぐるみが欲しくなるレベル。
上映中ニヤリングが止まらない。
(まあ、かわいいと言っても電脳コイルのデンスケ的かわいさですけど)
そして裏切りと言われようと女子高生に乗り換えたセンコ正解!

映像的には実写の使い方が印象的
シャフトアニメみたいな異物的使い方ではなく、きちんと画に組み込まれた自然な使い方。
個人作成ゆえの手法ではあるんだろうけど、新鮮な感じがした。
商業だと逆に手間暇がかかってしまうかもしれないけど。

物語としては傑作漫画の連載前の読みきり版みたいな感じ。
単体としてきちんと締まっているし、余韻を残して続きそうな感じでもある。
ということでぜひ続きを作って欲しい。
でもテレビアニメ化されると潰されそうだし、連載漫画並みの分量も欲しい何かいい方法ないかな?


2009年09月17日(Thu)▲ページの先頭へ
FW GUNDAM STANDart: ジムスナイパーカスタム

驚きのラインナップ、ジム好き感涙。
FUSION WORKSなのでサンプルからの劣化は避けられないが
それでもこのカッコよさには大満足。

RGM-79SC GM SNIPER CUSTOM

長物ライフルが映える。

まさかの両手ガンモードへの換装

これがまたたまらなくカッコイイ!
スタンダードの仕様上ポージングがほとんど付けられないのが悔し過ぎる。
2体あれば可動化にも挑戦したいのに、どこに行ってもトールギス3しか無い……


2009年09月12日(Sat)▲ページの先頭へ
化物語(アニメ)第9話&第10話

「なでこスネイク」

ちょっと待て、撫子の前髪はこれでいいのか?
目が隠れているのが千石のアイデンティティだったはずなのに。

撫子オープニング
いやーいい!
何故緑髪なのかは謎だがかわいいからオールオッケー!!

ブルマ+手ブラの映像化キター!
いつもの抽象画像でごまかされるだろうと思っていたが
まさかこれが映像化されるとは、日本ってイイ国ですね。
ブルレイ購入決定!

スポットを当てるべきキャラにきちんとスポットが当たっているので「するがモンキー」ほどの別物感はない。
原作派的に「ひたぎクラブ」以外にやっと認められるエピソード。


2009年09月11日(Fri)▲ページの先頭へ
とらドラ・スピンオフ2! 虎、肥ゆる秋




「虎、肥ゆる秋」
亜美ちゃんいいひとだ……。


「春になったら群馬へ行こう!」
本編最終巻で衝撃だった春田と彼女のなれそめ話。
と軽く見てたらスゲークオリティで驚いた、正直泣けました。

スピンオフ1巻目のさくら話といいふつーの恋愛話を描かせたら並ぶものなし
竹宮ゆゆこはラノベ界屈指の恋愛マスター(?)だわ。

ゆりちゃんもいい味出しすぎ。


「THE END OF なつやすみ」
竜児ってこんなに気持ち悪い性格だったっけ?
あの大河がまともに見えるほど酷い描写。
話もいまひとつだしハズレかな。


「秋がきたから畑に行こう!」
とある台風の日の出来事。
何でもない日常の話をきちんと面白く描ける竹宮ゆゆこの実力はすごいな。
非常にバランスのいい、おちもいい良短編。


「先生のお気に入り」
これは傑作でしょう。
ゆりちゃん先生の過去話。

いい大人だよゆりちゃん。
いい大人の話ってのは泣かせるもんです。

ただラノベの読者層にどれだけ受けるのかは激しく疑問だけど。


2009年09月10日(Thu)▲ページの先頭へ
インアクション!!オフシュート ランスロット フロンティア

魂ウェブ商店の限定通販品到着。
機体的にはそう思い入れがあるわけではないが、新規造形のパーシヴァルシールドと立体化されたピンクの怖いもの見たさで購入。

今回一番うれしかったのはオフシュ仕様のパッケージ。
注目のセリフは「此処は私にまかせて!!ダモクレスを。」でした。

Z-01/A LANCELOT FRONTIER

アニメ本編でもありえない色だと思ったが
立体で見るとさらにドギツイ印象。
でもこれって乙女ピンクじゃなくて、おばあちゃん色だよね。

久々にオフシュのランスロットをいじったが、今見てもすばらしい出来。
一応品切れの続いているランスロットの救済策にもなった形だが
やっぱり白いランスロットをエアキャバルリー名義でフロート、ブレイズルミナス付属の完全版で出して欲しい。


2009年09月09日(Wed)▲ページの先頭へ
Flyable Heart パーフェクトビジュアルブック


ユニゾンシフトブロッサムの傑作「フライア」のVFB

電撃G'smagazine名義になっているんだけど、エロゲのVFBがG'sってちょっと違和感。

パーフェクトビジュアルブックを名乗るだけあり、ビジュアル面に関しては文字通りパーフェクトに近い。
特にこの手の本で軽視されがちな販促イラストが大サイズで掲載されているのが最高!
OHPでのカウントダウン絵や4コマなどもあり手抜かり無し。

フルカラーのビジュアル重視のつくりだが巻末のインタビュー系の記事もかなりの充実度。
いくつか明かされる事実もあり。

書き下ろし短編小説「Day Dream Believer」
すずのルートのその後(not 最終エピローグ)元いた世界でのその後が読める必読エピソード。

唯一の欠点はフルカラー本ということもあり
線画や設定画がほとんどない点。
しかしその辺は秋葉原電気外祭りで初売りされたラフ原画集と分担している感じなので無問題。

とりあえずファンは買いしかない一冊。
ラフ原画集とパーフェクトビジュアルブックを揃えてこそフライアファンです。


2009年09月06日(Sun)▲ページの先頭へ
痕〜きずあと〜1巻


あの痕を月吉ヒロユキがコミカライズ!という個人的に期待せずにはいられない組み合わせ。
だったのだが、期待値が大きすぎたせいか、かなりがっかり感が強い感想。

まず絵柄があまりにもエロマンガ風。
Loで不定期連載している最新作は結構一般誌向けの絵柄なので、あの感じで行って欲しかった。
女性陣はそれでも問題ないんだが、耕一のルックスが原作ファンとしては違和感がありすぎる。
痕の耕一といえばある意味ヒーローの役回りなんだから、まんまエロマンガキャラ的風貌は受け入れがたい。

キャラクターの描かれ方も、原作とキャラの印象が異なってしまう描かれ方なので
原作重視の視点から見るとコミカライズとしてマイナス。
基本的に楽しげな雰囲気がないのかな?

表紙こそ千鶴さんだが、中身は楓への一途な愛が感じられる超優遇展開。
個人的には非常にうれしいのだが
このまま楓ルートなのか千鶴ルートなのかは気になるところ。
残りの二人は展開的にないだろうし……。

電撃コミックのゲームコミカライズには傑作がいくつもあるので
その中で見ると現時点での評価は低い。
月吉ヒロユキの実力はこんなものじゃないと思うので続刊に期待。


2009年09月05日(Sat)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 暁(可翔)

Type-05 AKATSUKI

ワンオフ、専用機が続いたSIDE KMFだがやっぱり量産型は最高。
藤堂月下に実装されていたコクピット下の台座穴も採用。
非の打ち所が無い一品、分割商法以外は。

バンダイ最大の過ちは暁可翔の滑走翼を折りたたみ式にしなかった事。
折りたたみ可能にしておけば、滑走翼需要の可翔、武器需要の武器暁で棲み分けができたのに。
羽が目玉である可翔で半端な羽つけてどうすんだ?

羽のない方の暁の付属武装。

イメージとしてはこのバズーカ&小柄型が暁って感じ。
直参用の粘着輻射弾のためにもノーマル版も買い。

暁本体の出来は最高なので二体あってもいいんだけど、もうちょっとやさしい仕様にして欲しかった。
武器セットとして買うには高いし。


2009年09月02日(Wed)▲ページの先頭へ
サマーウォーズ

時をかける少女を期待していくと裏切られる。
キャラデザインが同じというだけで全く方向性の異なる作品。

つかみはグイグイくるし
夏希先輩はすごくイイ。
OZ関連の話がメインに来るまでは期待を裏切らないおもしろさとクオリティ。

でもデジモンもどきのOZの話がメインになってからが明らかにダメ。

そもそもアニメだからって無理くりアニメちっくな内容を入れる必要はないでしょう。
実写で出来ることをアニメ化することが悪いことでもないし
実際時かけは、そんなものがなくても傑作になってたし。

まあ、面白ければ何をやろうと文句はないが
あまりにもステレオタイプで展開はありきたり、科白すら読める状態で
見ていて全くドキドキもしなければ楽しくもない。

これってメインターゲットが一般人ってことで
一般人から見るとあのOZ関連の話は新鮮でダイナミックな内容に見えたりするのだろうか?


時かけと比べると作品として天と地ほどの差がある。
なんだろう、メジャー化していくと、こういう骨抜きな作品になっていっちゃうのかな。
期待していただけに残念すぎる内容だった。

これのOZ事件の起こらないバージョンとか作ってくれないかな?
ガチ恋愛メイン+家族もので。