なががなブログ - 2010/01

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2010年1月
         
           

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:32
昨日:298
累計:4,947,672


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2010年01月31日(Sun)▲ページの先頭へ
刀語(アニメ版)第一話

第1話「絶刀・鉋」

原作のマイナスイメージから否定的なコメントを用意して見始めたけど
これは褒めるところしかないでしょ。

忠実に原作どおり作っているのに原作よりおもしろい!

元が会話主体の西尾維新小説なので、アニメの化物語みたいにアレンジ過剰な画面作りをしていない分地味な絵になってはいるが、そこは逆に良評価。

ボイスについても
ガチで鉄壁なとがめのCV
意外だけど非常にいい七実のCV
とか違和感皆無。

気合が入っているだけあって作画も文句なしに綺麗。
なによりきちんと竹絵になっていて、それが動くのはちょっと感動。

化物語もこんなアニメ化だったらよかったのに。
(あれはあれで面白いのだが原作ファンからすると……だから)


2010年01月30日(Sat)▲ページの先頭へ
figma 高町なのは The MOVIE 1st ver.

ついに発売された小学生なのはバージョンfigma。

正直おさなのはだから買うけどMOVIE版はジャケットもデバイスもデザイン微妙と思っていたが
劇場版を見ると一転、買っといて良かった状態。
(それでもTV版のデザインの方が好きだけど)

映画での構えてからトリガー部分をジャキっと横に回すアクション
MOVIE1st verはこれが再現できるというのが全てでしょう。

砲撃用トリガーに指がかかる手首が用意されているとかわかってる過ぎる。
それだけにカノンモード時のレイジングハートの光翼がオミットされているのが残念。
二個買いしてアクセルフィンを移植するぐらいしかないかな……。


2010年01月29日(Fri)▲ページの先頭へ
figma 高町なのは 制服ver.

PSPソフト「魔法少女リリカルなのはA's PORTABLE THE BATTLE OF ACES」の特典figma
何気に定価じゃ最高額のfigmaじゃない?

MOVIE1st verとは異なる起っき状態のユーノ付き。

ユーノ視点

ピ、ピンク……。

スカートは分割なしの硬質パーツ。
ロングスカートだし、全体的に可動しにくい作りなのでポーズはかなり制限される。

もうちょっとはっきりした笑顔が欲しかったかな?

オプションとしてフェイトと交換前のリボンおさげ付き。
通学鞄はベルトが軟質パーツで非常にいい感じ。

MOVIE1st verとの表情交換を考慮すれば、制服verとしては過不足無いオプション。
出来ればなのはとフェイトにそれぞれに、すずかヘッド、アリサヘッドが付けば最高だったんだけど。


2010年01月25日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーアギト トリニティフォーム

魂ウェブ商店の限定フィギュア−ツ到着!

今までのフォームの結合なのに想像以上のカッコよさ。
もともとグランドフォーム自体が手首の少なさ以外文句の無い出来だったが
今回は手首も最初から付属、その上フレイムセイバーとストームハルバードでボリュームもあり。
ポーズを付けた時の空間的ボリュームがフィギュアならではの見所。

ホーン展開顔面付き、オプション手首もグランドフォームの補完分(開き手)が付いているくらいなので充実。
トリニティフォーム単体で見れば文句ナシの製品。
でもグランドフォームの手首の少なさを考慮すると相殺かな。


2010年01月24日(Sun)▲ページの先頭へ
けいおん!7(ブルーレイ版)


高価格すぎて途中脱落していたブルレイ購入だが未放送エピソードを見逃せず最終巻だけまた購入。

「ジャケ絵」
ネタ系が多かったジャケ絵だが今回は最終巻らしい(?)図。
あずにゃんのジャンプっぷりが素晴らしい。

「全巻収納ボックス」
噂のキャラ絵なしデザイン。
うーむ、おかげでパッケージング用にジャケ絵が大きく見れてよし。


TV未放送エピソード「番外編ライブハウス!」

久しぶりの新作だからか、ムチャクチャ楽しい、面白い!
ライブハウスでライブという全く縁の無いネタということもあり
作中キャラ以上にドキドキです。

番外編といいつつ、時系列的には年末でテレビ放映分「冬の日」の続きになってる。
この延長線上で2期かな?

音楽室暖房ないよねコレ。
室内でコートにマフラー巻巻って。

「チケット憂とじゅんちゃんの分」ってじゅんちゃんって誰?彼氏かよ!? と思ったらあずにゃんの友達でした。

ライブシーン自体はほとんど描かれなかったけど、満足いくライブハウスエピソード。
そこで終わらず年越しエピソードもありでかなり満足度は高い。

「放課後ティータイムロゴマーク」
初出である放課後ティータイムのロゴマーク誕生秘話!
しっかりボックスにも使われているし、今後流行るのか?


久々にけいおん!見たけどやっぱ面白い。
figma発売、2期発表と盛り上がって来たのもあり、けいおん熱再燃。
未購入分ブルレイも欲しくなってきた。
数々の同人誌によって歪められたキャラ像も修正できたし、2期が楽しみ。


2010年01月23日(Sat)▲ページの先頭へ
装甲悪鬼村正その5

装甲悪鬼村正ネタバレありキャラ別レビュー


「悪鬼編」
数年後のエピローグまで付いてムチャクチャ綺麗に終わっていた魔王編
そこから直で始まる悪鬼編の存在はある意味一番のサプライズ。

どうせ村正とのエチシーンのためだけの蛇足エピソードじゃないのと思って始めたが
短い中に景明のダメっぷりと復活、最後に悪鬼として生きることを決意するまでを描く、付け足しでは終わらない濃いエピソード。
唯一敵と認めた雪車町一蔵が最後に立ちはだかるとか、もうしびれる展開。

魔王編のエピローグと時系列が前後しているのもよりエピローグ部分を印象深くしてるし、何より作品の締めが血のたぎる感じで終わるのが素晴らしい。

不満点を強いて言うならあんまり村正がヒロインらしくない所かな?
正直人化はネタとしてはいいけど、魔王編の蜘蛛村正にときめいてた展開の方に一票。

ゲーム全体では描かれ足りない要素はごまんとあったが、主人公である景明に関しては充分過ぎるほど描ききった感想。
最後までやるのとやらないのでは評価が大きく変わるタイプの作品。
システム的にもネタ的にもあと少し煮詰めてくれていたら絶賛まで行くポテンシャルはあったのに、残念。


2010年01月20日(Wed)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ秘め話CD3

娘TYPE(にゃんタイプ)誌上限定通販のドラマCDもついに最終巻。
今回のジャケはオレンジイエローの空。夕焼け?

「ゴーグルの想い出」
一応ルッキーニとシャーリーにフォーカスした話ではあるが
実質全キャラ登場のドタバタ話。
珍しいルッキーニのへこむ姿と弱気発言はかわいいかも。


今回はアフターストーリーである「扶桑へ」は無し。


「エイラ・イルマタル・ユーティライネンの人生相談」
いつもの穴埋めトラックかと思いきや
スペシャルサプライズゲスト、ウルスラ登場!
ウルスラ!ウルスラ!!

CV担当はエーリカと同じだが別人風しゃべり。
姉さまとか呼んでるし!
サーニャとの会話もイイ!!


今回はウルスラに全て持っていかれた感じ(超個人的感想)。
最近いらんこ中隊読んだのもあり非常にタイムリー。
前回のペリーヌ祭に続き祭連続開催!


2010年01月17日(Sun)▲ページの先頭へ
リボルテック三段変形バルキリーVF-1A

予想外に気に入ったのでVF-1A一条輝機も購入。
VF-1Sではパーツの合いがカッチリしていると思ったが、あたりが良かっただけらしい。
今回は左右で歪みがあったり、合わせ目が閉じなかったり、羽が反ってたりと残念な個体。

VALKYRIE VF-1A

やっぱバルキリーはファイター形態。
この大きさで変形するバルキリーとしてはベストモデル。
こうやって編隊飛行で飾るとたまらない。

SUPER VALKYRIE VF-1A


固定タイプのリボバルキリーからスーパーパーツを借用(セロテープで止めてるだけですが……)。
これはたまらなくカッコイイ。
これなら穴を空けてくっ付けてもいいかも。

あらためてスーパーバルキリーのカッコよさを再認識。
現状で取り付け穴が無いので出るとしても本体ごと出しなおしか……。


2010年01月16日(Sat)▲ページの先頭へ
X01SCホットモック

やっとホットモックが展示されたので触ってみる。
WILLCOM03持ちから見た感想。

筐体
意外に大きく感じるが持つ喜びがあるデザイン&質感がいい感じ。
方向キーの感触がかなり固い。使っていくとやわらかくなるのだろうか?ちょっとマイナスポイント。

キーボード
ドコモのブラックベリーと違い、充分に片手うちが出来る。
これはかなりポイント高い。

日本語入力
ちょっと打ったレベルではふつー。
とりあえず「エヴァンゲリオン」は変換しなかった。
操作方法がわからなかっただけだと思うが、変換区切りの変更が出来なくて泣けた。

画面
大きさはいいんだけど、フォントとかアイコンがデカ過ぎて狭い。
これは調整可能?

動作
もっさり具合強し。
高速化もカスタマイズもしていない素の状態でこれってのはガッカリ。
死にかけの自分のWILLCOM03と比べても遜色ない遅さ。

WM 6.5 Standard
画面タッチなしは初めてなのでかなり違和感がある。
慣れれば問題ないのだろうか?
でもあのもっさり具合だとついタップしたくなるな……。

ネット
幸運にも3G回線に繋がる状態だったので付属のIEを使用して接続。
遅い……。
これが3G回線なの? WILLCOM03より早いのかもしれないが、どっちにしても遅いので比べる意味が無い感じ。
間接的にHYBRID W-ZERO3への評価が落ちてしまった。
SBとドコモでは違うのかもしれないけど。

所感
幸いなこと(?)に衝動買いしてしまうほどの魅力は感じなかった。
これなら落ち着いてSC-01Bを待って比較できそう。
その時にはもっさり感がキーになりそう。


一緒に展示開始されてたHYBRID W-ZERO3の方も見たけど
手にとって見てもデザイン的には全く惹かれるものがない。
その上ネットにつながらない状態だったので3Gの威力も体感できず。
これはヤバイかも。


2010年01月15日(Fri)▲ページの先頭へ
リボルテック三段変形バルキリーVF-1S

待望の可変リボバルキリー発売。
前回の失敗を教訓にしてまずVF-1Sロイ・フォッカー機を購入。

VALKYRIE VF-1S

事前画像ではありえない極厚ファイターと思っていたが、実物は「VF-1ならありじゃない」レベル。
唯一気になるバトロイド頭部の飛び出しぶりだが、首関節から外して前の突起に付ければ気にならなくなる。

パーツの合わせ目もぴったり、各部の固定もガッチリしていてVF100'sとは比較にならない素晴らしさ。
クリアパーツ成形キャノピーの質感のおかげで全体がグッと引き締まってるのも良し。

でもこの背中部分の穴埋めパーツ、スーパー、ストライク出す気満々でしょ。

ガウォーク形態

リボ関節のおかげで八の字開きは文句無し。
ただ逆関節は写真のレベルが限界。
うーん、八の字+逆関節両方を満たしてこそガウォークなのに。

バトロイド形態

さすがリボ、この股関節の可動範囲は感動モノ。
箱に入ったファイター形態だと小さく見えたが、こうやってバトロイドで立たせると以前の非変形のバトロイドよりひと周り以上大きい。
スーパーパーツの流用は無理っぽい……と思ったが合わせてみるとそんなに違和感無い大きさ。
ブースターはさすがに小さく見えるが脚部のタンクなんてジャストフィット。
ガンポッドはほぼ同じ大きさだしってそれりゃ流(削除

こうやって写真で見ると、可動もよく動き、プロポーションもよく見えるが実際触るとポロポロ、ユルユル
やっぱり可動モデル特有の欠点は克服できていない。
ただリボルバージョイントの保持力があればかなり解決できるレベルなのが逆にもったいない。
あたりのいい個体なら文句ない可動バルキリーが手に入るのかも。


2010年01月14日(Thu)▲ページの先頭へ
装甲悪鬼村正その4

装甲悪鬼村正ネタバレありキャラ別レビュー


光シナリオ「魔王編」
まさにトゥルールートにして最終ルート。
一条と香奈枝の両方をクリア後、両名が生き残るように進めると分岐。

「真OPムービー」
最終ルートという事でネタバレ解禁気味に映像が差し替え。
特に陣営別に立ち絵が並ぶシーンがしびれる。


分岐後は予想だにしなかった茶々丸のもとで人化村正と光とのコメディ展開。
これまでの2ルートは何だったんだと思ってしまうくらい平和で幸福なエピソードが展開される。

モラトリアムが終わると六波羅陣営に入っての悪転活躍。
公方陣の魅力と合わさって、この部分の面白さ二乗。
景明さんもこれまでの何倍もいきいきしてるし。

特にこのルートでは大鳥獅子吼の頼もしさが異常。
復讐編でのかませ振りが嘘のよう。
景明との兄弟疑惑も含めて最も株を上げている。


「茶々丸エンド」
途中下車方式で茶々丸のエンドに。
正直この方式で文句も不足もないのだが
最終バトルの雷蝶戦と神の光臨後描写がないのが打ち切りエンド過ぎ。

作中最強キャラの戦い振りとトゥルールートのバッドエンド展開なんて非常においしいネタなのに
そこをカットしてどうするよ。
これも村正中途半端説の一因。


「ラストバトル」
そろそろウンザリしている銀星号との戦いを短く打ち切り
金神とのバトルに移行したのはうまい展開。
そしてまさかの右京復活!
どう考えても弱体化させただけだが、そのおっさん起用よし。

その後、お約束の銀星号との真のバトルになるのも王道展開。
もはや劔冑戦とは次元が違うバトルもラストバトルならでは。
ただ、このクライマックスでパズルを解かせる意味がわからないが。

最後の最後で明かされる光と景明の真実と
それが直接的に決着に結びつく作品全体を使ったギミックは見事と言うしかない。


「エピローグ」
説明不足気味なのが歯がゆいが
その後の世界情勢も説明されているし、何より武帝の設定がいい。
デモンベインの最も新しき旧神に匹敵する想像力を刺激される締め。


トゥルールートに相応しい読み応えのある内容と心地よい締めなのだが
まだ足りない。
ヒロイン二人を生き残らせたわりにラストにちょっと顔を出しただけとか
親王派との絡みがほとんどないとか、柳生常闇斎VS永倉さよ全カットとか
作品としてのポテンシャルが高いだけに、まだまだ描きこめるネタが色々放置されてるのがもったいない。


2010年01月10日(Sun)▲ページの先頭へ
装甲悪鬼村正その3

装甲悪鬼村正ネタバレありキャラ別レビュー


大鳥香奈枝シナリオ「復讐編」

日本人のGHQ将校大鳥香奈枝がヒロイン。
糸目、長身、巨乳と個人的には何ひとつ惹かれる要素がなく
共通ルートでもコメディ要員的要素の強いキャラクター。

個別ルートに入っても萌えるということは決してなかったけど
キャラクターの魅力という点ではヒロイン中トップクラス。
こういう偽善のない信念のあるキャラは大好き。

シナリオ的にも
復讐に生きる香奈枝が歪んだ景明には救いを与える事になるという構造がピタリとはまり過ぎ。
香奈枝が最後まで正体を明かさない所も甘さを排除してテーマ性を強めていていいし
ラストも変にハッピーエンドに逃げずにきちんと信念に従う悲劇で終わっているのが素晴らしい。
最終ルートのようなスケールの大きさは皆無だがシナリオの完成度という点では一番よかった。

複数ルートが存在するゲームという媒体だからこそ出来た物語。


2010年01月05日(Tue)▲ページの先頭へ
ドキドキどうぶつシリーズ アルパカ

意外なダークホース。
figmaと絡ませられればいいかなと買ったアルパカだが、ラブリー過ぎる!

ALPACA

動物系といえば海洋堂の独壇場だと思っていたがこいつは素晴らしい。
figmaつながりで出すということは、スケール統一されるという事でもあるので
コレクションとしても断然価値がアップ。
是非ともゾウとかTレックスとかの大物も出して欲しい。
あと喰霊figmaつながりで乱紅蓮と白叡も!


2010年01月04日(Mon)▲ページの先頭へ
ビデオゲーム ロボティクスEX ヴァルケン+ブースター

2009年の冬コミで限定販売されたロボティクスEXのブースター付きヴァルケン。
大蛇の時は余り気味だったが、今回は昼過ぎには売り切れていた模様(初日は)

ASS-117A ASSAULT SUIT VALKEN + BOOSTER

ブースターと銃の赤いラインが全体を引き締めて結構イメージが変わっている。

ブースター以外のガチャ版との違いは
右腕が武器腕から通常手+持ち銃に変更。
あとスミ入れが追加されぱっと見の質感アップ。

ブースターは固定ではなく、取り外しができ、通常状態のヴァルケンも再現可能。
ブースターのサイドユニットは軸可動するので下げることも可能。格納状態?

1個1000円というガチャの2倍以上する価格は疑問だがヴァルケン好きにはたまらない製品。
ヴァルケンは高速スクロール面のBGMがムチャクチャ好きだったので2面で使用するブースターは是非欲しかったし。