なががなブログ - 2010/02

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2010年2月
 
           

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:32
昨日:298
累計:4,947,672


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2010年02月28日(Sun)▲ページの先頭へ
刀語(アニメ版)第二話

第2話「斬刀・鈍」

二巻からは原作未読。
相変わらず作画クオリティは高いし、声優の演技もいい。

原作との比較という楽しみがなくなった今回
純粋に話の展開を楽しめるかと思ったら、想像以上に楽しくない。

変体刀にしても、その使い手にしてもパッとしないし。
話のオチも「眠かった」ってことでOK?

何より西尾維新小説なのに会話がおもしろくないのが致命的。
原作1巻を読んだ時に思った「何をおもしろがればいいのか最後までわからない」という感想そのまま。
「アニメおもしろすぎ、原作やっぱ読もうかな」という展開を期待していたのだが無理っぽい。

にしても2話目からBSフジだけ1月遅れで放送するのは何のいやがらせなのだろうか……。


2010年02月27日(Sat)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーWサイクロンジョーカー

ついに発売開始のWフィギュア−ツシリーズ。

サイクロン!ジョーカー!

「さあ、お前の罪を数えろ」

最初のサンプルのデカ角度に心配していたが、製品版はかなり改善。
同じ放送中発売のフィギュア−ツだがディケイドの時とは雲泥の差。
サイクロン部分の金属メッキコートの美しさ、フィギュア−ツ可動と豊富な手首を使用してのポージングの楽しさはかなり満足度が高い。

サイクロンジョーカーといえば蹴り

サイクロンはもっと評価されてもいい。
というか風の力使ってたのって1話くらいじゃない?

ジョーカー、マキシマムドライブ!

ジョーカーエクストリーム!

この後続くW攻勢を買い抜く気合が入る一体。
とはいえ9+1+1(?)体か……。


2010年02月25日(Thu)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングアルティメット(ダークアイズVer.)

箱から出してわかるデカさ。
オプションは手首しかないが箱に余裕なし。
まさかダークアイズとレッドアイズに分かれたのは(略

KUUGA RISING ULTIMATE Dark Eyes Ver.

アナザーアギト系の引き出し太もものマッチョタイプ。
その上足首はダイキャスト。

付属の魂ステージはスモークブラック。
色以外は特にクウガ的仕様ではないのでちょっと残念。

ダークアイズの処理は黒クリアパーツではなく複眼がクリアに透けていて非常にキレイ。
ベルトバックルがクリアパーツではなく塗装だったのはがっかりだけど。


2010年02月23日(Tue)▲ページの先頭へ
S.I.C.極魂 仮面ライダーブレイド

S.I.C.は限定商法で愛想が尽きたが、極魂はファイズあたりから非常に魅力あるラインナップが続いているのでついに購入決意。

MASKED RIDER BLADE

この大きさからは考えられないディティールの細かさ。
スケール感狂います。
頭部のアレンジは本家S.I.C.よりこちらの方が断然良い。

個人的にS.I.C.は大きすぎたのもあり、この大きさでリニューアルされると買ってしまいそう。
シリーズ開始当初にも思ったが発売ペースの遅さがネックかな?
今のところマジメに全ライダー出す意欲がみられるのはS.H.フィギュア−ツの方だし。


2010年02月21日(Sun)▲ページの先頭へ
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st

まさかのなのは映画化
そのうえA'sではなく一期の映画化、バリアジャケットやデバイスのデザインが変わっているとか不安要素しかなく半分以上ネタとして劇場へ。

ストーリーは素晴らしく整理されていて文句なし。
これを見ればTV版を見る必要性はないと言っていい位。
全13話をまとめるだけでなく、プレシア関連がリニスも登場してかなり追加されている。

とはいえ2時間を越える上映時間は体調を整えた方がよいレベル。

第二の見所はなんといっても作画。
かなり残念な作画が多かったTV版(特に放送版)に対して
全編新規作画のクオリティは次元が違う。
戦闘シーンなんか他のシーンから浮くほど動き回ります。

それだけにムチャクチャ残念なのがTV版であった温泉エピソードのオミット。
この作画であのシーンを拝みたかった……。

信者なら言われなくても見に行くと思うが、ただのなのは好きレベルの人間も見に行って損は無い。
今までなのはのDVDを買ったことはなかったが、MOVIE 1stのブルレイが出たら買ってしまうと思う。

あとパンフはこれがあればビジュアルファンブックは出さなくていいんじゃないってくらい充実の内容なので購入必須。
映画のパンフには珍しくストーリーのラストまで紹介されている。
よってTV版見ずに劇場へ行く人は先読み禁止。


2010年02月18日(Thu)▲ページの先頭へ
リボルテック ゲッタードラゴン ブラックVer.

ホビージャパンの誌上限定通販のゲッタードラゴンブラックバージョン。
パッケージは完全にゲッタードラゴンと同一。
その代わりにダンボールに単色印刷の外箱付き。

単なるブラックへの色変えではなく、金のラインが入っていてイメージもガラッと変わっている。
この色合いのおかげでレッドカラーバージョンと違いザコ臭なし。

巨大なレーザー砲と包帯頭部が付く変わりにビームエフェクト&ビーム頭部とトマホークオミット。

残念ながらブラックゲッターと違いカラバリの域を脱していない感じ。
配色もパチもの感を感じるし、トマホークオミットも残念。


2010年02月17日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーイクサ

Intercept X Attacker

「名護さんは最高です!」
というかイクサ最高。
デザイン的に塗り分けが多いし、可動の制約もある。
そのためフィギュア−ツとしては決してハイクオリティな方ではないのだがイクサのアクションフィギュアってだけで最高。

IXA BURST MODE
「その命、神に返しなさい」

「イ・ク・サ・カ・リ・バー・ラ・イ・ズ・アッ・プ」




イクサ・ジャッジメント!

次狼さんのイメージで
IXA SAVE MODE



ブロウクン・ファング

基本最高なのだが可動、特に手首がほとんど動かないのが痛い。
あと外見で残念なのは胸の紋章が変化しないのでイクサ・ジャッジメントの完全再現ができない所。
これはかなり残念。差し替えとかで対応してたら文句なしだったのだが。


2010年02月16日(Tue)▲ページの先頭へ
ex:ride ヴィンテージバイク

figma用乗り物シリーズ第一弾。
ここはやっぱ赤でしょう。と言うことでメタリックレッド購入。

VINTAGE BIKE METALLIC RED

手近にfigmaがなかったのでインパクトモデルラガン付属のシモンを搭乗。

メタリック塗装だしクリアパーツをふんだんに使用しているのでぱっと見は豪華に見えるけど
塗装とか組み立てのクオリティはfigmaより落ちる感じ。
塗装のはみ出しとか歪んで接着されたパーツとかが気になる。

とは言え値段は手ごろだし、入手もしやすいし
遊びの幅が広がる素晴らしいシリーズなので今後も期待。


2010年02月15日(Mon)▲ページの先頭へ
コトブキヤ1/10シャルロット・フランシア限定版

ワンフェスで限定販売された白ビキニverのシャルロット
1/10スケールという事で心配だった出来だが精巧な造形を実現。
ただし1/10、立てひざポーズ、そしてシャルロットということで非常にコンパクト。

CHARLOTTE FRANCIA

正直顔は似ていない。大槍顔ではないがフィギュアとしては悪くない。

白水着というより透け塗装バージョン。

このボディのラインが神。

今になってカルテットというだけでも嬉しい上にこのクオリティ、ファンなら是非買い。


2010年02月14日(Sun)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ ライジングマイティ

魂フィーチャーズで販売された限定商品。

基本マイティのバリエ−ションなので角のデカさ以外は文句なし。
形状自体は違うが複雑な手甲の紋章はアメイジングと違い省略せずに再現。
アメイジングはどうしてああなった……。

あと甲冑の色が微妙にマイティフォームと違う。
これって原作どおり?

クウガコンプリートには欠かせないフォームだがライジングはやっぱり買うのが苦痛。
今さらどうにもならないのはわかっているけど、どうにか経済的にやさしい方法ないかな?

のこりのライジングフォームは毎回イベント限定になるのだろうか?
一気に出されたりするより、その方が買う側にとっても苦痛は少ないけど。


2010年02月12日(Fri)▲ページの先頭へ
メガハウス1/8春日野穹

勢いで注文していたヨスガノソラの妹キャラ穹(そら)到着。
ブリリアントステージシリーズなので値段は高めだが安心のクオリティ。

この血色の悪い肌色の再現とか素晴らし過ぎる。

広がったツインテールの表現、きゃしゃな肩の薄さと意外に肉のついた尻部、身体の造形に関しては文句なし。

タオルはふつーに着脱可能。

顔自体は似てるとは思えないのだが、かわいいのでありか。

Lo系というか貧弱系のフィギュアが好きなら買い。


2010年02月10日(Wed)▲ページの先頭へ
ROBOT魂エクシア トランザムクリアVer.

00のトランザムverの製品は今まで一体も買ったことがなかったが、今回イベントの記念と言うことで購入。
パッケージは通常のROBOT魂フォーマットではなく、魂フィーチャーズバージョン。
他のロボ魂と並べて飾るには統一感がない。

GUNDAM EXIA TRANS-AM CLEAR VERSION


もともと出来のいいROBOT魂エクシアだけあって、トランザムバージョンも非常にカッコイイ。
クリアとメタリックのレッドがうつくしいがトランザムには見えないな、やっぱり。

あとGNコンデンサのクリアグリーンはもっと濃いグリーンの方がよかったかな。
光ってる表現の解釈でこうなってるのだろうけど、リペアくらいの色が一番映えるので。


2010年02月04日(Thu)▲ページの先頭へ
アルター1/8ブラックアリエス

鉄壁のアルタークオリティ
魔界天使ジブリール3のダークヒロイン ブラックアリエス!

久しぶりに1/8スケールの固定フィギュア購入。
やっぱりfigmaとは大きさもディティールも違う。
好きすぎるキャラはこっちで買うのもいいな、やっぱり。

アップで

可愛い系の顔、身体と右手の凶悪なクローとの対比がいい。
甲の赤いクリアパーツには猫の目(?)風のプリントあり。

逆方向から

出来のいい固定フィギュアは見る方向によって表情が変わる。

お約束の後ろから

紺スク水。
何もかもが素晴らしいフィギュアです。


2010年02月03日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ キュアアクア

フィギュアーツ第3のプリキュア(正確にはレモネードと同時発売です)
知性の青き泉キュアアクア!

技発動時の腕クロスを再現したかったけど
これが限界です。
腕がクロスできる肩間接の改良と目を閉じた顔が欲しかった。

「プリキュアサファイアアロー!」っぽいポーズ

弓状のエフェクトパーツが欲しかった。
にしても何故叫び顔がないのか疑問。
替わりに付いてきたのが横目顔ってマニアックすぎる上に使い道がないよ。

相変わらずガチャっぽい仕上げの荒さと改善されない仕様。
順調にクオリティが下がっているというか、ドリームが頂点だったというか。
正直このクオリティで続くのならいらないかなレベル。
ライダー至上主義者にプリキュアを見直させるような高クオリティが必要なのに、この出来では……。


2010年02月02日(Tue)▲ページの先頭へ
ROBOT魂スサノオ

ミスターブシドー最終機体スサノオ
こうやってキチンと出してくれるROBOT魂のラインナップは素晴らしい。

GNX-Y901TW SUSANOWO

スラヌイとウンリュウの強化サーベルを合体させてソウテン再現可能。
何で左手にガントレットが増設されたのかと思ったらブシドーが左利きだからなのね。

トライパニッシャー展開&クロ−展開

マスラオとの最大の違いがこのギミック満載度。
クローは基部がそれなりに可動&伸びるので表情付け可能。

スサノオ&マスラオ比較

クリア分が抜けていて台座が付かないことを抜きにしても店頭でぱっと見見劣りしたスサノオ。
比べてみるとガントレットとか角とか微妙にアッパーバージョンっぽい記号が見られる。
色的にマスラオのほうが豪華だがトランザムするから関係ないのか?

台座は何故かまだもらえた赤台座。
スサノオのセリフ台座は魂ウェブ商店のトランザムverに付くらしい。
4種類のセリフをシールで付属させるというギリ許せる方式だけど。
でも「もはや愛を越え憎しみも超越し宿命となった!」 一択だろコレ。


2010年02月01日(Mon)▲ページの先頭へ
figma ヴィータ 騎士甲冑ver.

子供体型figma第一弾ヴィータ
劇場版&PSPゲームでなのは熱が再燃したのでレビュー。

なのは系は定価の高い大型パッケージだけあってオプションが超充実。
グラーフアイゼンも4形態ヘッドが付いてる上に曲がった柄まで付属。
相変わらず満足度が高い。

発売された時からぜひやりたいと思っていたヴィータvsなのは

なのははMOVIE 1st版だけど、やっぱこの対決が一番燃える。
二番目はもちろんフェイトvsシグナム。こっちはフェイトが出たら再現予定。