なががなブログ - 2010/12

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2010年12月
     
 

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:32
昨日:298
累計:4,947,672


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2010年12月21日(Tue)▲ページの先頭へ
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE

ディケイドのMOVIE大戦2010がガッカリエンドだったので期待しないで行ったCOREだったが、予想に反して見どころ満載かつ最後に満足して帰れる良質映画だった。


W編(スカル編)
仮面ライダースカル誕生のエピソードが語られる。
元々Wにおけるハードボイルドの見本という位置づけでしかなかったおやっさんというキャラクターがビギンズナイトを経て完全に個性を確立。
もうこのままスカル主役の番組を作ってもいいレベルにまで成長している。

ガイアメモリーを嫌い、生身でマスカレードの集団と渡り合い
スカルに変身してからはスカルボイルダー、スカルギャリーに紫髑髏のマキシマムドライブ披露と全編おやっさんの魅力マキシマム!

亜樹子に会えなかった理由とかバットドーパントの命乞いに対する一言とか自分の罪を数えるシーンとかいちいちハードボイルドすぎる。


オーズ編「信長の欲望」
いつものオーズのノリと言いたいところだが、メダルがあまり絡まない異色のエピソード。
おかげでアンクの出番がほぼなし。映司はいきなりメダルホルダーからメダルを出して変身するし(笑)

信長はこの短い尺で終わってしまうには惜しいキャラ。
バースへの変身もあまり意味がなかったし、数話かけて膨らませられるキャラだと思うのだが。


MOVIE大戦CORE編
ディケイドの時と同じで前の2つのエピソードからつながり両ライダーが共演する。
2010と比べると話のギミック的にもテーマ的にもより前の2つのエピソードとのつながりが深く、単なるお祭りエピソードだった2010よりも完成度が上がっている。

巨大で強力な仮面ライダーコアをサイクロンジョーカーゴールドエクストリームとオーズの鳥コンボという最強の羽ライダーが倒すと言う単純明快で見たあとにスッキリする素晴らしい流れ。
重みのある話はスカル編でやっているので、この展開はあり。

Wは亜樹子の結婚式というシリーズの最終シーンにふさわしい締めだし、オーズは地球の裏側へ突き抜けるというギャグっぽさがオーズらしく、テレビシリーズに回帰していく形にもなっている。
鳥コンボやバースの初お披露目だけでなく、あらたなグリードの存在を匂わしたりとテレビシリーズへの伏線も張られていてライダー映画としてはトップクラスの完成度と言っていい。


2010年12月19日(Sun)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ2秘め録CD上

ジャケットは秘め話CDと同様の構成。
中のキャラ絵ジャケでエーリカとサーニャが仲良い様子。2エンディングの手繋ぎ相手といい、ブルレイのジャケといい新カップリング押し?

第2.1話 リバウの思い出
501メンバーによる今までの裏話トーク。
501解散後に遭遇した地上ネウロイってことは360版はオフィシャル化したって事かな? まあ秘め話、秘め録CD自体のオフィシャル度が怪しいのだけど。
設定的には情報満載だがストーリー的なおもしろさはイマイチ。

第7.1話 すーすーするのアフター
一期のズボン話の後日談。
あのままルッキーニひとり負けじゃなく、きちんと真相は暴かれたのね。
そしてエーリカ・ハルトマンの部屋掃除エピソードへ移行。
なんか掃除話ってデジャビュなんだが本編でもあったっけ?
そしてまた起きる事件(w)

第5.05話 しまぱふアワー 私のロマーニャ編
買出し往路の別バージョン? 微妙に本編と合わないかも。

秘メ録手帳 上巻
いつもの設定ブックレット。
ドラマに合わせてガランド少将やリバウについて掲載。
資料度は高くファンなら見ておきたい内容。

全体的に秘め話よりパワーが落ちている感じがするのは気のせい?
こういうものに求められてるのは隙間エピソードより過去話とか外伝的内容だと思うんだけど、そっち方向の成分が薄くて残念。


2010年12月06日(Mon)▲ページの先頭へ
シューティングゲームヒストリカ4

紆余曲折あったが、とうとう第4弾発売!
CAD設計&ほぼABS素材製のため、これまでとは次元の違う造形のシャープさ。
出来も機体のマイナーさもシリーズダントツ。

TWINBEE&WINBEE ツインビー&ウインビー(POP'Nツインビー)

ハズレ確定と思っていたツインビーだが意外にも一番気に入った。
手足はボールジョイントで可動、クリアパーツの中にはコクピットも造形。
可動のおかげで立たせることすら可能。
ヒストリカ2のオパオパとは何だったのか……。


CF-345 BLACK FLY ブラックフライ(メタルブラック)

ゲーム未プレイのため詳細不明。
プラ製なのに砲身(機首?)が曲がっているのはデザイン?SP待ち?


LEGEND SILVER HAWK BURST レジェンドシルバーホーク(ダライアスバースト)

PLUMのプラモもある事だし、集めやすいガチャのヒストリカはレジェンド以外のシルバーホークもラインナップして欲しい。


FRINT LOCK フリントロック(XEXEX)

こちらも未プレイのため詳細不明。
触手その1
3本ともうねうね動かせます。


X-002(X-マルチプライ)

触手その2
この上下サイズの大きさは圧巻。


ゲーム機体の立体物がだんだん増えてきた昨今、存在意義が消えそうなヒストリカだったが、クオリティアップで再び存在感が増した。
ただ、せっかくの出来の良さもネタのマイナーさのせいで帳消しになりそうで怖い。


2010年12月02日(Thu)▲ページの先頭へ
figma 仮面ライダー ドラゴンナイト

まさかのfigma仮面ライダーの発表から数ヶ月、とうとうホントに発売されたドラゴンナイトこと仮面ライダー龍騎!

KAMEN RIDER DORAGON KNIGHT

塗装で表現されていて心配だった顔のスリットだが、選別をすれば問題ない感じ。
きちんと塗り分けられてる個体を選べれば、赤目もくっきり出てて文句ない顔造形。
というか造形は全身文句ないレベル。

ストライクベント


ファイナルベント

ドラゴンライダーキック

フィギュアーツとの比較で考えるとやっぱり素材の違いが大きい。
目が見えてる比率の低い龍騎系なのでクリア目はあまり問題にならないけど
塗装、成型色部ともにフィギュアーツとは質感が違う。

そして最も気になるのがサイズ差。
正直小さい。
フィギュアーツの代わりに買うにはちょっと違和感が大きすぎる。
出来がいいだけにコレクションとして考えた場合ちょっと残念。


2010年12月01日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ キュアブラック

セットで買うしかない「ふたりはプリキュア」フィギュアーツの黒い方レビュー

CureBlack

ついにへそが成型色に!
でもホワイトとは逆にひざ下が塗装肌色orz。
何がしたいんだろうバンダイは?

デザインなのかキャラなのかホワイト以上に動かしていて楽しい。
きちんとしたストレートパンチがポージングできるフィギュアってメカでもキャラでもめったにないからな。


プリキュアマーブルスクリュー

専用のつなぎ手首がついているのでマーブルスクリュー再現可能!
色々な意味で感動。
これだけで黒白二体を買う価値がある。

本当に5の時代がうそのようにクオリティアップしている初代プリキュアフィギュアーツ。
これで肌色の塗装部分を成型色にして、手首、オプションが充実すればfigmaに負けないキャラアクションフィギュアになるのに。
来年発売のハートキャッチは初代の流れの造形に見えるので期待。