なががなブログ - 2011/03

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2011年3月
   
   

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:45
昨日:319
累計:4,908,148


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2011年03月29日(Tue)▲ページの先頭へ
OCC 仮面ライダーオーズ ラトラータコンボ

現時点でのOCCオーズコンプリート。

KAMEN RIDER OOO LATORARTAR COMBO

ライオンに虎という超大物が入っていると言うのにこの地味さ。
まあ立体で手に取ると悪くはないんだけど、一番売れ残ってるのも現実。
あと黄系塗装はやっぱり難しいのかムラが目立つ。

タカキリーター

最もメジャーな亜種?

OCCは揃えてナンボなところがあるが、揃えた時の遊び甲斐は想像以上。
フィギュアーツで亜種までそろえる気がない人には非常にオススメの玩具。


2011年03月28日(Mon)▲ページの先頭へ
OCC 仮面ライダーオーズ シャウタコンボ

OCC最新モデルシャウタコンボゲット。
販促なのかわからないが今週のオーズでやけに優遇されていたなシャウタ。

KAMEN RIDER OOO SHAUTA COMBO

デザインのせいかいつもよりオモチャっぽい感じ。

どうやって再現するのか謎だったタコ足変形だが
OCCでは単純に足が縦に二分割することで表現。

そんな事でタコ足になるのか?と思ったが
なかなかどうして結構雰囲気が出ているのがスゴイ。
分割された足両方に独立して関節があるのがポイントかな。
両手、ウナ触手も勘定すれば一応8本あるし……。

タカウバ

デンキウナギウィップは外して持たせることが可能。
ほんと外して持たせるだけだけど。

コンボチェンジといい、タコ足変形といいギミックの楽しさは想像以上。
フィギュアーツにも、いい意味での競い合いが発生してくれると嬉しいのだけど。
今からでも遅くないのでオーラングサークルが取り外せる仕様の胴体とか、コンドル足以外の変形パーツセットとか出してくれないかな。ウェブ限でも買うので。


2011年03月27日(Sun)▲ページの先頭へ
OCC 仮面ライダーオーズ ガタキリバコンボ

ここまで買って買わないわけがないOCCガタキリバ購入!

KAMEN RIDER OOO GATAKIRIBA COMBO

ガータ、ガタガタキリバ、ガタキリバ!

こいつも素晴らしい造形です。
クリアレッグは正直微妙だが……。

コンボのなかった初期に活躍した亜種

タカキリバ
腰が非可動なのでこれくらいのポーズが限界。
あとなんか色合い微妙だな……。


2011年03月26日(Sat)▲ページの先頭へ
OCC 仮面ライダーオーズ サゴーゾコンボ

タジャドルとその亜種だけで終わらせようと思っていたOCCだが、店頭でサゴーゾを見つけて思わず購入。

KAMEN RIDER OOO SAGOHZO COMBO

相変わらず可動さえ良ければフィギュアーツがいらない出来。
頭部の塗装がちょっと荒い個体が多かった感じ。
白塗装は難しいのだろうか?
サイと言うより三蔵法師系に見えるデザインがかなりイイ。
オーズの頭部では一番好みかも。

足をももで90度回転させて

ズオーストンプ!

サゴーゾ系の亜種といったらコレ

タカゴリバ
素立ちでもカッコええ(というか可動範囲の関係で素立ちが一番カッコいいんだけど)。
劇中の活躍を考えるとトライドベンダーまで欲しくなる!
今なら尼でも買えるしな……。

OCCが楽しすぎる。
可動はアレだが造形はダメな時のフィギュアーツより断然上だし
再販なのか再出荷なのかわからないが、ちょくちょく店頭で復活するので今からでも集められるし
亜種はもうOCCで充分だな。

フィギュアーツもオーラングサークルを取り外し可能にしてたら、組み換えで遊べたのに
欲かいて亜種を別売りにしてるとかアホ過ぎ。
その分をバッタ足とかズオーストンプ足とか亜種版ベルトバックル各種とかのオプションセットにまわせば、こっちも喜んで買ったのに。


2011年03月17日(Thu)▲ページの先頭へ
OCC 仮面ライダーオーズ タジャドルコンボ

低年齢玩具であるオーズコンボチェンジシリーズ05
フィギュアーツで買うつもりだったタジャドルだが予約敗戦、羽根もキック用足変形もなしというガッカリ仕様だったので初めてOCCを購入。
箱の感じとかディティールの荒さとか、すごく装着変身です。

KAMEN RIDER OOO TAJADOL COMBO

すごくカッコイイです。
羽根やマスクにクリアパーツを使用しているのでOCCとは思えない質感の良さ。
顔もイケ面、塗装もキレイ。
羽根がちと短すぎるのと股関節がゆるゆるなのが気になるくらい。
あとサイズはフィギュアーツと並べるとOCCの方が少しデカイ。

コンドルレッグ展開

プロミネンスドロップ


後日買ったOCCタトバを使用してコンボチェンジ。
この組み換えが侮れないほど楽しい。

タカ!クジャク!バッタ!

タカジャバ

タカ!トラ!コンドル!

タカトラドル
亜種フォームではかなり好きなこのフォーム。
腰が稼動しないし、首の可動範囲が狭いのでこのポーズが精一杯。
うーん、こうなるとフィギュアーツで欲しくなる。


2011年03月09日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タトバコンボ

KAMEN RIDER OOO TATOBA COMBO

「タカ、トラ、バッタ!タ・ト・バ、タトバ、タ・ト・バ!」

造形はフィギュアーツの中でもトップクラスの良造形。
箱に入ったままでここまで見栄えのいいフィギュアーツも他にない。

ただ箱から出すといつもとは逆にがっかり感。
タカ部分はレッドメタリックで美しいが、トラ、バッタ部分がベタ塗装かつ雑塗装で非常に安っぽい。
デザインがシンプルで塗り勝負なタトバだけにここは頑張って欲しかった。

あと信じられない事に足がダイキャスト製でなく、安定性と接地性が最悪レベル。
その上安っぽさに拍車をかけているのがどうしようもない……。

定価が3000円オーバーにしてはオプションも少ないし、造形はいいのに手抜きといういつものバンダイクオリティ。
ここでバッタ足を付けないでいつ付けるのか。


2011年03月08日(Tue)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ エクストラフィギュアVol.2 ミーナ・ディートリンデ・ヴィルケ

誰もが驚いたエクストラフィギュアでエーリカとコンビで出たのはミーナ隊長でした。

MINNA-DIETLINDE WILCKE

メッサーシャルフBf109G-2

ちと微妙入っていたエーリカに比べて顔の出来はおそろしく良い。
ただポージングの面白みの無さもおそろしいレベル。
せっかくの固定フィギュアなのに、どうになかならなかったのか?


2期じゃめっきり飛ばなくなったけど
200機撃墜は伊達じゃないお尻(笑)

相変わらずクオリティが高くコレクション性もあるいちおしシリーズ。
でもポージングだけは改善希望。
そんなに再現できてるわけでもないのでDVDジャケ絵ポーズ縛りはやめた方がいい気がする。
まあルッキーニだけは超期待だが(笑)


2011年03月06日(Sun)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ エクストラフィギュアVol.2 エーリカ・ハルトマン

第2弾も安定のクオリティ。
第2弾以降、箱のサイズが巨大化しているがフィギュア本体のサイズは同スケールを維持(ストライカーユニットの大きさ比較で)
プライズ的に箱がデカイ方がいいのだろうか?

ERICA HARTMANN

メッサーシャルフBf109G-6

クオリティは高値安定。
カールスラントコートの革の質感とかもイイ感じで塗装されている。

でもさすがにポージングに飽きが
上半身は銃器持ちしばり
下半身はストライカーユニットをつけているのでポーズがえらく限定されるからな。
第4弾以降のポージングにはちょっと変化が欲しいところ。


2011年03月05日(Sat)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ エクストラフィギュア 宮藤芳佳

顔の出来が残念だったmobipの挿げ替え用に買ったこのプライズ芳佳だったが
今となってはエクストラフィギュアの一体という事に価値がある状態に。
結局挿げ替え作業を行わなかった昔の自分GJ

シリーズ中もっとも顔の出来が微妙っぽい芳佳。
まあシリーズ最初に出ているので仕方ない面もあるし、芳佳だしいいか(笑)


2011年03月04日(Fri)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ エクストラフィギュア 坂本美緒

セガのストライクウィッチーズプライズ第一弾
第一弾からこのクオリティとか素晴らし過ぎる。

零式艦上戦闘脚22号甲

文句のないほど似ている顔の造形。
まあ眼帯の紐がないとかささいな問題だろ
ペリーヌのメガネに比べれば(笑)

もっさん後姿も決まってる。
ちょんまげのなびく造形も良。
坂本さんにはいらないんではと思った銃もこうやってクロスしてるのを見ると絵になるよ。

アニメ見ているときはどうでもよかったストライカーユニットも、立体でキャラごとに異なるモノを見せられると興味が出てくる。
汚いほどに濃く入っているスミ入れも人体部分とのコントラストが明確になって立体栄えするし。
キャラとストライカーユニットと銃器の三位一体が素晴らしいシリーズ。


2011年03月03日(Thu)▲ページの先頭へ
ストライクウィッチーズ エクストラフィギュアVol.3 ペリーヌ・クロステルマン

リーネは文句ない出来だったが、同時ラインナップされたペリーヌはどう見ても問題あり。
どこの特殊部隊ですかと言いたくなるゴーグル的極太メガネがありえない。
アイプリの再現度とか完璧なレベルなだけにホントもったいない。

ということでデザインナイフでメガネを切り取り、コトブキヤのエッジングメガネに換装

1/8用なのでサイズ的にちと大きめだが、元に比べればマシ?
まあ1/12が手に入ったら交換だな……。

PERRINE-H.CLOSTERMANN

VG39

ペリーヌの貧乳ぶりも再現されているし
うねうねした長髪もプライズレベルを超える造形。
それだけにメガネの造形だけが惜しまれる。
銃とストライカーユニットだけでなくプロペラまで別成型にしてるのでこれ以上のコスト増大が難しいのはわかるんだが、人形の命だからな顔は。


2011年03月01日(Tue)▲ページの先頭へ
バルドスカイDive1


分割商法で発売日買いする気が失せたバルドスカイを遅ればせながらプレイ。
発売時にプレイしなかった事を後悔するほどにおもしろかった。

アクション
方向キー+武装ボタン×3+ダッシュボタンの超簡単操作。
初めてでも全くOKのとっつきのよさ。
その上武装の特性とかコンボの組立に奥の深さがあり、アクションゲームとしても非常に良ゲーム。
ダメ武装と思っていても、レベル上げのために使い続けると使い道が出てくるし、装備してる武装の組み合わせに対する有効な戦い方が自然と身に付いたりする。
今の時代にガチな2Dロボアクションが出来るのは時代遅れというより、逆に貴重。

ムービー
オープニングムービーのカッコよさはトップクラス。
曲の素晴らしさプラス映像のリンクタイミングが神がかっていてホント素晴らしい。
最後の方に一瞬出る「believe your justice」の文字とか物語を知ってから見るとしびれる。

ストーリー
完全攻略順固定を生かして、伏線の張り方と情報開示の仕方が練られており、物語を楽しむと言う点でも非常に良質。
あとアクションシーンをただ読むのではなく、自分で動かして実体験できるという事がストーリーへの感情移入度をいちじるしく上げる。
惜しむらくはセーブして分岐から再開というプレイができない仕様の為、周回プレイに時間がかかりストーリーに集中できないのが欠点。


以下ネタバレありのキャラ別レビュー


レイン
金髪ナイスボディの忠実な部下。
記憶喪失という設定の主人公に対して、バルドスカイの世界を紹介するガイドとしても非常に優秀。
キャラ的にも最初に持ってきていいのかと思ってしまうくらい魅力的。
グッドエンドのノイを加えた3人のその後もアフターストーリーを描いて欲しいくらい気になるし。
全体でみると世界設定の紹介と謎の提示を行うルート。

菜ノ葉
幼なじみキャラ。
物語としては菜ノ葉ルートが最も盛り上がるし綺麗に締まっていた。
レインルートで敵味方がはっきりしない状態を描いておいて、菜ノ葉ルートであいまいだった敵味方の色分けがなされてラストバトルへ向かっていく展開は燃える。
グッドエンドの大団円ぶりに対してバッドエンド、ノーマルエンドの悲惨さも対照的。

千夏
赤髪のボーイッシュキャラ担当。
作品随一の汚れ役で報われない立ち位置のキャラなんだけどグッドエンドの大逆転ぶりが半端ない。
容姿が幼くなったおかげでこれまでの業が全て洗い流され、文字通り生まれ変わった感が素晴らしい。


総括
分割リリースは今考えてもいかがなものかだが、Dive1単体のボリュームはアクションのやりこみ度込みで考えれば不足ない。

分岐セーブからの回収ができない仕様はスキップギャルゲーに慣れた身には正直めんどくさいが
武器を成長させるというやりこみ要素を踏まえればよく考えられたシステムだとは言える。

ただ物語を楽しむという観点から見るとせっかくの物語を薄めているという印象がぬぐえない(分割リリースも大きな意味ではそうだし)。せっかくアクションの抜きでも読ませる内容のシナリオになっているので、そこがちょっと残念。

後半のDive2でこの膨大な伏線を回収して、かつシナリオのクオリティが落ちなければAランク間違いなしの作品。