なががなブログ - 2011/07

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2011年7月
         
           

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:327
昨日:311
累計:4,910,953


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2011年07月31日(Sun)▲ページの先頭へ
一番くじプレミアム C賞 千石撫子

恐ろしい勢いで高騰した西尾維新アニメプロジェクト第二弾の目玉だった撫子をオク購入。

キャラもポーズもコスチュームもかわいいんだけど、神出来に見えた原型からは劣化ぎみ。
顔の塗装が暗すぎるのとポーズの関係で顔が見づらい。
原型だともっと顔が見えていたんだけどな。

アイプリは文句なし。
鼻と口元が気になる。

プライズなので服の造形はもっさり気味。

後姿

細い足の造形は悪くない。
スカートの中の胴体が引っこ抜けるのでキャストオフは無理だが腰から下の鑑賞は可能。
あと独特のすだれを再現してる後ろ髪は見どころ。

貴重な制服撫子ということで撫子派には見逃せない一体。
ただ出来自体が特別すごいわけではないのでプレミア価格で購入する価値があるかどうかは微妙。
同時にライナップされてる面子に比べれば百倍魅力的ではあるんだけど。


2011年07月27日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ ライドベンダー&メダルセット

箱はFFRと同じモノクロのタイプ。
変形しないライドベンダーなんてジオラマするしかない。

ということで1/12サイズfigma美琴さんと撮影。
スケール的には違和感なし。メダル投入口のデカさ以外は。コレ手入るだろ。

美琴さん+自販機とくればコレしかない(笑)

メダルセットなのでセルメダルも付属

右手レールガン用コイン、左手セルメダル。
figmaに持たせると結構オーバースケール。
もちろんベンダーのメダル投入口にはぴったりだけど。

アンクに持たせてみる。

サイズ的にはアンク付属台座のセルメダルとほぼ同じ、コアメダルやより若干大きい。
台座のセルメダルの塊の原型はこれを使って作ってるっぽい?

悪い意味でバンダイが乗りに乗っていた時期の製品。
変形しないのであればもっとディティールを作りこむべきなのにサンプルのちゃちいままで来てしまった。
カンドロイドもベタ塗りで円筒ですらないとか手を抜きすぎ。
メダルもメダルセットを名乗るなら全コアメダル&メダルホルダーくらいは付けるべき。
現状の仕様&出来で2100円は高すぎる。


2011年07月26日(Tue)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーオーズ タマシーコンボ

か・め・は・めーじゃなくて魂ボンバー!

良くも悪くもいつものオーズリデコの一種なので出来は悪くない。
ただ塗装のクオリティもいつも通りなので限定とは思えない低レベル。
これが選別不可、限定販売というのはキツイ。

タカ!イマジン!ショッカー!

頭部の塗装は修正版でタトバと違い目の下の不要な塗装はなくなっている。
鬼部分はメタリックではなくツヤツヤ光沢塗装。
ショッカー部分はタジャドルの色違いで金塗装。
デザイン的にも色的にもメリハリが効いてて意外にいい。

イベント限定にふさわしいチョイスなんだけど、やっぱり一般販売しないのであれば塗りとかきちんと検品して欲しい。


2011年07月24日(Sun)▲ページの先頭へ
俺の妹がこんなに可愛いわけがないエクストラフィギュア 夏・有明 黒猫

セガの俺妹プライズ夏編を黒猫だけゲット。

アニメで印象的だったノースリーブになった黒猫がモチーフ。
めったに見せない脇、腕が最高。

つり目のアイプリも良好。
目元のほくろも再現。
必要以上に細く華奢な足もいい感じ。
プライズとしては最高レベルに出来がいい。

前髪に隠れた眉毛はまさかの困り眉。
眉が見えるか見えないかで表情の印象がガラッと変わるマジック。

偶然なのか意図的なのか不明だが二種類の表情を楽しめる。

この絶妙な胸のサイズ造形も良。

ただ顔が(あと前髪も)平面造形で横から見ると苦しい。
正面だけで言えばプライズレベルを超えるクオリティなのだが……。


2011年07月22日(Fri)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 ファフナー マークドライ

FAFNER MARK DREI

マークエルフと並べると浮くくらいラメ入った塗装だが単体で見るとキレイでいい感じ。

ファフナーは武装が豊富で各機でオプションが異なるのがいい差別化になっている。
ドライにはロングソードが付属。
刀身展開前状態も付属。突起が付いていてマウント用みたい。

ということで今回のフル装備素立ち。

マークドライはエルフと同系の近接戦用汎用機。
頭部形状なんかも同じです。
何故連続で同じタイプを出したし……。

最後まで集められるか不安だったがこのカラーリングの違いと武装の違いがあれば完走できそうな気がする。
合計金額さえ気にしなければ(笑)


2011年07月20日(Wed)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 アンチゼーガコアトリクエ

もともとゼーガペインよりアンチゼーガの方が本命というのもあるが非常に満足度の高い魂Web限アイテム。間違いなく年間ベストROBOT魂にノミネートされる出来。
前月のアストレアFの箱も全面紙製で窓のないタイプだったが、今回のコアトリクエはデザインもよくなりプレミア感アップ。

AntiZegaCoatlicue

立体で見ると本編よりもさらに凶悪さと鋭さが強調。
銀メタリックとクリアパープルの組み合わせがなんともいえないカッコよさ。

光装甲に色がついていたゼーガと違いアンチゼーガは中のラインが光るデザイン。
そのせいでクリアパーツの厚みがちょっと気になる。
特に腕のシールドは接合ダボも見えてかなり目立つ。

オプションは開き手と差し替えのサーベル、光線発射頭部。
ゼーガと同様に背面に台座穴が開いているので飛行ディスプレイに問題なし。

ゼーガペインとのサイズ差は頭ひとつ分大きい。

足のカギ爪はもちろん可動。
しかもけっこう立てる。
ただ股関節がゆるゆるですぐぺしゃりと潰れるけど……。

あまりにカッコよすぎて劇中では1体しか登場してないのにもう一個欲しくなる位。
カラバリ上等なので本編未登場の量産型アンチゼーガとか出してくれないかな。


2011年07月19日(Tue)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ アンク スタンドセット

タトバ初回特典を持っていたので買うかどうか迷っていた製品版アンク。
買ってみるとオーズ系の派手なデザインでコンパクトな箱がいい感じ
中身も遊び甲斐があって予想外にいい製品だった。

ANKH

比べるとすぐにわかるがタトバ特典版よりカラーリングが派手に造形も新規造形になっている。

コアメダル持ち手

クリアパーツのコアメダルがいい感じ。

アイス持ち手

これはフィギュアの腕に付けて遊びたい。

タトバ特典版アンクUNKH

比べてみると金縁塗装がはぶかれて、緑部分が暗いカラーのためかなり地味な印象。

ただ「歌は気にするな!」の台座はやっぱりイイ。

ということで台座に特典版を使用したアンク完全版

製品版のセルメダルも設置可能。
正直製品版があれば特典版はいらないんだけど、特典版があるなら台座だけ流用するのが最高です。


2011年07月15日(Fri)▲ページの先頭へ
特撮リボルテック アイアンマン

最近アイアンマン2を見て急に欲しくなり、ショップを探し回ってやっとゲット。

IRON MAN MARK VI

これは特撮リボルテックの傑作認定。
ネタがキャッチャーな上に造形もすばらしい。

ただ塗装の方も(悪い意味で)さすがリボ。塗りムラ、はみ出し何でもあり。
塗りのいい個体を引き当てさえすればメタリック塗装の質感は最高なんだが……。

飛行ポーズ

飛行ポーズ再現ために頭部側と首付け根で計2個のリボ球を使用。
ほとんどのアクションフィギュアで不可能な真上を向くことが可能。
エフェクトパーツは劇中と比べると大げさだが無いよりは断然いい。

あとサイズがいつものリボより大きくライダーのフィギュアーツと並べると違和感あり。
アイアンマンvs仮面ライダーとかゴールデンカードなのにちょっと残念。


2011年07月10日(Sun)▲ページの先頭へ
デュアルモデル バンブルビー

彩色済半完成モデルキットというプラモとアクションフィギュアの中間のような製品。
とりあえずプラモと思えばいいと思います。
なにせ組み立てるのにえらく苦労するから……。

BUMBLEBEE

完全パチ組。未塗装状態。
変形をオミットしたロボットオンリーモデルだけあってスタイリングは今までにない再現度。

造形はいいが可動範囲はかなり狭い。
組み立て前の可動素体状態では結構動いたのにパーツを付けていくとどんどん干渉して動かなくなっていく。


内部メカのみ組み立ててガワ装着前状態。

これでも組み立て前の素体から比べるとかなり可動域が制限されているのだが、これぐらい動けば許せたんだけど。

いきなり登場したデュアルモデルという製品カテゴリー。
同じものを完成品で出して価格が上がるくらいなら、この方式は大歓迎。
だいたいプラモで一番面倒で面白くないのが塗装だからな(個人の主観)

1/35というスケールもいろいろ並べて遊べる所を突いてきていて良い。
コンセプトと造形クオリティは文句ないので、次弾があるならば可動の向上とパーツ精度の向上が必須。


2011年07月08日(Fri)▲ページの先頭へ
リボルテック ガンバスター

GUNBUSTER

「やってみる!」

以前出ていた山口式ガンバスターとの最大の違いは合体変形再現!
ほぼパーツ取りだけの似非変形なのでバスターマシン状態でのスタイリングは非常に良好。


Buster Machine1

いいところに台座穴が開いているので飛行状態でのディスプレイには不自由しない。


Buster Machine2


5話の発進シーンが印象的なバスターマシン2号のリアノズルも差し替えならではの再現度。

ガンバスターオカエリナサイVer

合体機構と胸部装甲パージを利用してなんちゃって最終回再現も可能。

超合金系玩具以外では初のバスターマシン1号、2号のフィギュアなので(と思ったらワンコインで出ていたけど)それだけで価値がある。
最悪ガンバスター形態は山口式で代用すればいいし。
あっちは腕組みパーツもついてるしな……。


2011年07月07日(Thu)▲ページの先頭へ
フィギュアーツZERO スミロドンドーパント

二体目のフィギュアーツZERO到着

SMILODON DOPANT

固定フィギュアなので造形は素晴らしい。
だが本編で動きまくりのスミロドンが固定と言うのも残念すぎる。
たしかにこのボリューム、もこもこ具合を動かすのが難しいのはわかるが。


ミックでかくなり過ぎ!

クレイドール付属のミックと並べるとこのサイズ差。

出来はいいしフィギュアーツと同サイズで怪人が手に入るのはうれしいが
それならばもう少し価格を下げて買いやすくしてラインナップを充実させて欲しいところ。
オルフェノクとかファンガイアとかそろえて並べたい怪人はいろいろあるから。


2011年07月06日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ ミック

というよりフィギュアーツZEROミック?

フィギュアーツクレイドール唯一のオプション。
この大きさでこの猫目塗装とか気合入っている。
クレイドールよりこっちが本体?


2011年07月05日(Tue)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ クレイドールドーパント

久々にきた強烈なダメアーツ。
そういえばW系のフィギュアーツって出来いいのと悪いのの両極端だよな。

CRAYDOLL DOPANT

まず顔がデカ過ぎる。その上似てないという最悪コンボ。
全体の体型も細長くアレンジ(?)されていて各部のバランスも悪い。
作りも雑で一昔前の子供向け玩具のような印象。
クレイドールエクストリームに修正頭部を付けたとしても挽回できないほど顔以外も酷い出来。

ここまで酷いWeb限も初めて。
怪人良作ジンクスも破れてしまった。
好きなキャラで期待していただけに残念過ぎる……。


2011年07月01日(Fri)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 V2ガンダム

V2アサルトバスターの本体リニューアルボッタクリ版

LM314V21 VICTORY2GUNDAM

最大の改善点は顔。
ヘルメットに奥まって見えなかった顔がまともな位置に変更。
塗装精度も上がってへの字も問題なし。
アサルトバスターもこの顔だったらリニューアルなんて不要だったんだけど。

光の翼がピンク色バージョンに差し替え。
シード系の豪華な羽と違いつるっつるで表面に何のモールドもないけど。

アサルトバスターパーツを使用可能にするためか、せっかくやり直すチャンスだったのに微調整レベルの差。
アサルトバスター状態ではゴテゴテしてる関係上、顔以外気にならないのだから、あっちの対応は顔の交換のみとして、リニューアル版は徹底的に作り直して欲しかった。
後発で出たVガンダムと並べると、どうしても見劣りしてしまうのが現実だから。
あとVガンと同じで価格が高すぎる。