なががなブログ - 2011/11

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2011年11月
   
     

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:329
昨日:311
累計:4,910,955


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2011年11月28日(Mon)▲ページの先頭へ
DXパワーダイザー&マシンマッシグラー

PDG-3000 POWER DIZER

しょせん玩具と期待していなかったが
意外なほどによく動くし、スタイルもいい。

関節はクリック式なので細かいポージング調整は出来ないが
足はハの字に開くし、遊びがあるので自重でいい感じに接地する。

なによりこの巨大さがかえがたい。
ディティールは玩具レベルだがサイズの大きさのおかげであまり気にならないし。

手足の可動はかなり優秀だが腰が非可動で首も動かないので
タックルポーズはこれが精一杯。

ORB-40F MACHINE MASSIGLER

FMCS用のバイクだがアーツにもぴったりサイズ。
カウル以外のバイク部分はかなり玩具っぽく、ハンドルも曲がらないorz。
だがライダーバイクがフィギュアーツサイズで手に入るというのは純粋にうれしい。

この先フィギュアーツで出ないのであればダイザーは買って損なし。
というかオーバースケールすぎたライドベンダーと違いパワーダイザーはこれで十分だろ。
でもマッシグラーの方は造形の精細なフィギュアーツverを期待したい。


2011年11月23日(Wed)▲ページの先頭へ
ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX


高い高いと思いながらも作品自体は大好きなので買ってしまったナディアのブルーレイボックス。
それがこんなに後悔することになるとは……。

HDテレシネの画質はすばらしいの一言。
DVDの画質が残念過ぎただけにコレだけで買う価値あり。

一部ネガ損失でSDアプコン使用と書かれていた箇所。
本編中にシーン単位で異常にボケボケ画質になる部分が多分それ?
比率的には許せるレベルだが一話に必ず数回出てくる。

前回買った廉価版DVD-BOXに未収録だったイメージソングは今回も未収録。
そのうえ何と予告編がない!?
そういえばlainのブルーレイボックスでもマクロスプラスのDVD-BOXも予告編だけ別ディスクだったよな
と淡い期待を抱いて最終ディスクを見てもなし。
次回予告をまるごと削除とかありえなすぎる……。

価格的に完全版仕様と思っていただけにこの仕様はショック。
正直この仕様が最初からわかっていたら買ってない。
イメージソングは仕方ないにしても次回予告とか作品の一部だろうに。
なまじ画質がいいだけに悔しすぎる、最悪の仕様です。


2011年11月18日(Fri)▲ページの先頭へ
京アニ1/8中野梓

まだまだ行くぜあずにゃん祭り!

京アニショップ限定フィギュア中野梓二期1st ED ver.
一期EDに未登場なのであずにゃんだけ二期。

絶妙に別人感のある顔。
似てなくてもかわいいという事もなく、純粋に残念レベル。
京アニのページで公開されてる原型ではもっとマシだったので劣化です……orz。
素直にマックスファクトリーとかアルターに作らせればよかったのに。

アングル変えてアップ

この角度が一番マシに見える。
カワイイです♪

うしろ姿

このコスチュームの目玉はやっぱサイドポニーテール。

いちごアップ

無駄に発光ギミック付き。
ケーキに載ってる星がクリアパーツで台座裏のボタン電池で光る。
光の入りにくい構造だから気を回したのかしら?
造形自体は大きさ相応。
デフォルメアレンジされた澪の目がいい感じ。

あまり望まれていないと思われる二期1st EDのあずにゃんだが、顔さえ高クオリティなら大満足だったのに残念。


2011年11月17日(Thu)▲ページの先頭へ
マックスファクトリー1/7中野梓

ちょっと遅れたがあずにゃん誕生日祝いで積んでたMAX梓を開封。

あずにゃんの造形に関しては文句なし。完璧なアニメ絵再現。
クッションは別パーツだがポーズがポーズだけに一緒に飾る以外なし。
くぼみがあるのでぴったりはまるが、ツインテールが邪魔をして少し浮きます(個体差?)。
あと台座のふかふか絨毯がイイ感じ。

後ろから

今回もっともエロいアングルはコレだな。
胸元も下半身も露出がほぼゼロなフィギュアだが、この無防備お尻はへたなキャストオフフィギュアより上。

裏側から

あずにゃんにしてはかなりヒップが大きめな造形。うーん……。
どうでもいいが、この体勢楽なのか?(笑)

出来は素晴らしくイイのだが、ポーズが特殊すぎて別アングルで別な表情という見方もできない。
ある意味面白みにかけるというのが欠点といえば欠点。


2011年11月16日(Wed)▲ページの先頭へ
リボルテック マブラヴオルタネイティヴ タイフーン

EF-2000 TYPHOON

武御雷不知火と連続で日本の機体が続いたので、系統が違うタイフーンは非常に新鮮。
ヒロイック性が高い日本の機体にない兵器っぽさが魅力。
武装てんこ盛りなうえに細い足のため接地性が悪く自立は困難。

巨大な支援砲だけでなく小銃やソードも日本系とは異なる装備になっていて新鮮。

造形は文句なし塗装もリボにしては高く選別に神経質にならなくてもいいレベル。
ただ担架システムや跳躍ユニットの穴がキツキツすぎてドリル必須なのは確実なマイナス。

順調にラインナップをそろえてきているリボ戦術機。
このクオリティを維持して出し続けてくれるのなら買い続けるのに迷いなし。
まあ、そろそろ自分も本編をプレイした方がいいかもだが。


2011年11月15日(Tue)▲ページの先頭へ
少交女 THE ANIMATION


ピンクパイナップルのゲーム原作アニメというと第一次エロゲブーム時にいくつか見た事があるが
作画もエロも何もかもがいまいちという印象が強かった。

あれから10年以上、一般アニメのクオリティも桁違いに上がっているし
あのたぬきそふと作品のアニメ化ということで久々に手を出してみたのだが
まるで成長していない……orz。

2キャラで30分。
それぞれ一回戦のみ。
だがシーンのチョイスは悪くない。
余計な部分は最小限にして実用性を重視した構成はさすが老舗。
キャラクターも原作に忠実。
これで何度も見かえしてしまうクオリティなら充分元はとれたのだけど。

作画はパッケージ絵が最高レベル。
これ以上はないという前提で許容出来るならば買い度は上がる。
この手のジャンルに神作画レベルの絵を期待するのが間違いだとは思うがコレはな……。

あらゆる面でひと昔前のダメなアニメのR18版という感じ。
一般アニメがここまで高クオリティにっている時代にコレはツライ。

あとアニメだからしょうがないのかもしれないが
男キャラの動く尻のアップとかいらないから。
ゲームでよくある男性透明化処理ってアニメにはない文化なのだろうか?
あと主人公の気持ち悪さはモザイクをかけて欲しいレベル。
上でキャラが原作に忠実と書いたが主人公は改悪だった。

正直ゲームの方があらゆる面で上。
これを買うのなら原作ゲームを買うことをおすすめします。


2011年11月09日(Wed)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ ゴーカイブルー

ゴーカイな奴らその2購入!

この五刀流がなければレッドだけで終わらせてたのに……。
反則レベルにカッコイイ装備。
毒を食らわばでイエロー、ピンクも注文済み。全員並べるのが楽しみだ(泣笑)

初回生産特典のゴーカイダリン

レッドと違いイスも付いて豪華(笑)
専用なのでピッタリおさまるが、身長が小さくなるハズ(?)のイエロー、ピンクの舵輪はどうなるのだろうか?

コクピット感がいい感じ。
アクションフィギュアで同系列のアイテムってfigmaエヴァのエントリープラグのシートくらいだが
意外にアクションフィギュアのオプションとしていい感じかも

バンダイならZ系MSのリニアシートとか出して欲しいな。
フィギュアーツの新シリーズとしてノーマルスーツを展開して
カミーユ+リニアシートセットで6000円とか。
ノーマルスーツはバイザー着脱可。
ヘルメット無し頭部&空ヘルメットをオプションにしてバックパックにマウント可能。
あとはバーニアと拳銃をオプションにしたら完璧。
今のバンダイの技術なら全身スーツとか楽勝だろうし。

バンダイお得意のカラバリもやり放題
ピンクスーツのクワトロVer.
イエロースーツのアムロVer.
黒のティターンズスーツとかムチャ欲しい。

人気が出たらZZ編でジュドーとルールカも出して欲しい(主にスーツのカラバリ的意味で)

アイディア料はいらないので是非商品化してくださいバンダイの人(笑)


2011年11月07日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ ゴーカイレッド

戦隊モノはライダー映画の同時上映で見るか、たまたま早起きしたときに見るレベル。
ただディケイドつながりでシンケンレッドを買ったのもあり、戦隊アーツもレッドだけは買う予定。

本当のガン&ソードなところが魅力のゴーカイジャー

ライダーと違い余計なアーマーがないため可動性能が高く、色が単色のためかオプション手首も豊富に付属。
アクションフィギュアとしてのスペックは非常に高い。
見た目もシンケンレッドと比べてかなり進化。
デザインの要因も大きいかもしれないが純粋にカッコイイ。

レッドの独自オプションは腕組み腕。
造形が甘いのはいいとして、塗装の色が明らかに本体と異なるのが最悪。
発売から2ヶ月経ってないけどもう退色したとしたら、それはそれで大問題だし。

初回生産特典のゴーカイダリン
お立ち台が付いていたので乗せたが高すぎ?


2011年11月05日(Sat)▲ページの先頭へ
フルメタル・パニック!アナザー1巻


賀東招二が直接執筆しないという事で心配だった文章のクオリティだがその点は全く心配なし。
その辺のダメラノベ作家より文章力は上。
読んでいて特に違和感を感じないほどフルメタルパニックだった。

ストーリーは一般人主人公がロボットに乗ると言う展開の中では非常にオーソドックスなパターン。
出てくるロボットもASなので目新しさもない。
キャラクターも中盤までは新顔メインに進むので待ってました続編と言う感じでもない。
それでも投げ出さないで読めるサクサク感は貴重。

表紙に書かれている新主人公ASは実質出てこないに等しい扱い。
その分ホワイトカラーのシャドウが主人公の機体として活躍する。
こいつがフライング気味に魂Web通販で出して欲しいくらいカッコイイ。

萌えキャラ的に言うと妹ちゃん以外はどうでもいい感じ。
まあフルメタのときもテッサ以外どうでもよかったが物語的にはかなめも活躍したし不可欠な存在だったし
今回の金髪ヒロインアデリーナも存在感を見せてくれるのを期待したい。

とりあえず導入としては満足な内容。
例の新ASがらみでどんなストーリー展開になっていくかがポイントだな。
妹ちゃんも半ばムリヤリレギュラー化できるポジションに来たし、次巻が楽しみ。


2011年11月04日(Fri)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 プロトタイプガンダム

大量アイテム地獄だった魂ウェブ10月アイテムからプロトタイプガンダムをまず開封。

可動重視という似たコンセプトのSCMプロトタイプガンダムを買った後だったので注文に迷ったアイテム。
購買理由の9割はメタリック塗装への期待。

RX-78-1 PROTOTYPE GUNDAM

テカテカ映りこむブラックメタリック部と鈍い銀メタリック部。それをつや消しのレッド部分が引きしてめる。
設定無視の独自塗装ではあるがこの美しさは特筆に値するモノがある。

ただし塗装精度は低い。
銀塗装がはみ出てたり、黒部分がムラになってたり
への字部分もパッケでは未塗装なのに、手元に来た個体は墨入れされてて、それが失敗しててヒゲ状態orz。

むかしはWeb限と言えば安心塗装だったのに、もはや運試しレベル。
見た目重視のこのアイテムでこの塗りは残念と言うしかない。

新規造形のライフルだが何故この商品で成型色?
他の質感がいいだけに非常に浮いてる。
ここはガンメタあたりで塗って欲しかった。

メタリック塗装の質感がいいだけに、はみ出し部分のりぺをしようとすると重荷になってしまうアイテム。
ホント最近のバンダイはダメだな。


2011年11月02日(Wed)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 レーバテイン &ブースターXL-3 最終決戦セット

レーバテイン最終決戦フル装備 with XL-3

「弾薬を惜しむな。俺の合図で一斉射撃」

「デモリッション・ガンを準備しろ! ガンハウザー・モードだ!」

デモリッション・ガンはXL-3翼下にマウント。そこからアームを展開してグリップ可能。
放熱索は透明すぎ? リボのようなクリアブルーの方が見た目はいいかも。

ARX-8 LAEVATEIN

最終決戦フル装備上陸Ver.
サブアームを出してるとデモリッション・ガンの両手持ち不可。

このテンコ盛りの装備がたまらない。

単分子カッターの膝パーツは差し替えで展開状態可能、ニーカッター膝蹴りも再現可能。


ベリアルに最後の一撃を加えたデモリッション・ガン短砲身モード(?)

折りたたみギミックのために砲口が開いてないのがおしい。

最終ダメージVer.

武装を剥ぎ取った状態はスタイルの良さが際立つ。

リボに比べるとカッチリした作りと動かしやすい関節でロボ魂の方が好み。
スタイルはいいんだけどオレンジのライン塗装とか安っぽい部分も目立つ。
アルメカで出る気配のないレーバテインでは現時点でベストなアイテム。