なががなブログ - 2012/01

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2012年1月
       

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:32
昨日:298
累計:4,947,672


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2012年01月29日(Sun)▲ページの先頭へ
RIOBOT CREATION エヴァンゲリオン初号機

Evangelion-01 Test Type

うんざりするほど出ているエヴァの立体物。
その中でRIOBOT版の差別化は造形。
目玉であるグリーン部分のクリアパーツ化と内部のダイヤカットモールドは確かにすごい。
バンダイなら確実に妥協するであろうクリアパーツ化箇所も
角のラインすらクリアパーツ化しているこだわりには脱帽。

でも可動に関しては平凡でリボロボ魂には及ばないレベル。
そのくせ胸部の装甲板が無意味に可動仕様になっていて体を傾けると勝手に開くorz。

逆にカッチリしたモールドと顔造形とかはリボやロボ魂以上のクオリティ。

あとデルフィングであった弱接着を継承していて、手首を変えようとしたら前腕がバラバラになった。
まあ再接着すれば対応できるし、はみ出し接着剤よりマシだからいいんだけど。

初号機立体化でポイントとなる開口は可動で再現。
なにか口中の造形が変だし上唇部分が間延びしていてカッコイイとは言えない。
あと首と腰の可動が後ろ側にほとんど動かないのでそり返ったり上を見て叫ぶことは無理。

そして全てのマイナスを覆すブラックライト対応!

新劇エヴァを初めて見てからずっと欲しかったグリーンが暗闇に光る初号機がこの手に!
アゴとかツノのグリーン部すら光る!
これは最高です。
まあホントにグリーン部しか光らないので目とか逆に暗いのがおしいんだけど。


2012年01月28日(Sat)▲ページの先頭へ
鬼物語


第忍話「しのぶタイム」

以下激しくネタバレあり


正直まさかの展開。
ここで、このタイトルで八九寺の話が、しかも完結編が来るとは。

まあ傾物語はまよいと冠しつつ100パーセント忍で書かれた小説だったし、八九寺編が2ndシーズンで来ること自体は妥当であるが傾物語とタイトルを逆にするのが物語の内容的に正しいだろコレ。
でも読者の驚きを重視するのであればタイトルからフェイクになっているこの状態がベストなのか……。

幽霊である八九寺がふつうになる展開って言えばこうなるよな……。
まさか物語シリーズで泣かされる事になるとは。
延々と続けるためにキャラを温存する作品が多い中、人気キャラをどんどん退場させる。そういやそういう作者だったよ西尾維新って。

別れのシーン自体はしつこく描写されるのではなく実質1ページにも満たないあっさりしたものだった。
それでも泣かせるところが作者の実力。
ながながとした描写が好まれるエロゲ文脈上にいると思っていた西尾維新が泣きゲー的シーンをこう描くのは意外だったけど。

うん、ホントにいいキャラクターだったな八九寺真宵。
第別話「まよいバイバイ」

結局ずっと気になっていた猫物語白の裏側で阿良々木が関わっていた事件というのは描かれず。
超ダイジェスト経緯だけは一応言及があったけど。

さあ最後はラスボス対決の恋物語を残すのみ。


2012年01月24日(Tue)▲ページの先頭へ
wave 1/10 BEACH QUEENS 暁美ほむら 電撃スペシャルVer.

電撃スペシャルのメガネみつあみほむほむ!


メガネは着脱可能

電撃版にはおさげの後ろ髪とメガネの他に、通常版にないオドオド顔も付属。
メガほむにはこの表情というベストチョイス。

通常版の赤リボンVer前髪。

表情パーツ笑顔。
改変後のリボン状態にぴったりの表情。

パッケージデフォルトVer

表情パーツツン顔。
顔はどの表情もアレンジ無しの原作うめ顔再現造形。
口の造形が微妙に感じる角度もあるが基本高レベルな再現度。

顔の土饅頭ぶりに反して身体の造形は極限まで華奢な体型。

足先、足首から細い造詣はフィギュアでも珍しい。
細体型特化として非常に貴重なフィギュア。

尼の値引き価格と比べると倍近くする電撃スペシャルVerだが
合計表情3種、後ろ髪2種、前髪2種のバリエーションが可能になるのは大きい。
ほむ好きなら確実に電撃必須。


2012年01月23日(Mon)▲ページの先頭へ
フルメタル・パニック!アナザー2巻


ついに主人公機ブレイズ・レイブン登場!
正直1巻の表紙や設定画だといまいち感のあるデザインだったけど、今回描かれた特殊機能はかなり魅力的。
突出した特殊機能でアンバランスな機体性能というあたりはレーバテインに通じるものがある。
あとはAIか、まさかアルが載るってことはないよな。日本機だし。

そして敵側のレギュラーキャラ(?)も投入。
挿絵の力も大きいが三条菊乃は非常に魅力的。
是非達哉とアデリーナとの三角関係的展開希望。

クララは前作つながりのサービスキャラ、というわけではなくレギュラーポジションらしい。
同じ部隊のカルロスはクルツほどの魅力は無いので、今回のメインメンバーは達哉、アデリーナ、クララの3人なのだろうか。

キャラも物語も完全にアナザー単独としての個性を確立した感じ。
このままフルメタ前作のキャラが出てこなくても気にならないレベル。
キャラ紹介編は満点で完了したので真価が問われるのは次からかな。


2012年01月22日(Sun)▲ページの先頭へ
PAPO アロサウルス

ハンズで見て衝動買い。
価格は高めだがそれ以上の価値はあるクオリティ。

量産フィギュアとは思えない造形レベル。
ワンフェスとかで数万で売られててもおかしくない造形の上に塗装済みとか。
ただ個体差はけっこうあるので気に入った顔のものを選別することを推奨。
それも生物の個体差と思えば悪くない。複数買いして並べたときにもいいし。

基本固定フィギュアだが口だけは開閉可能というわかってる仕様。
リボT−REXのおかげで全身可動恐竜フィギュアは残念な結果になるとわかってるしな……。
こうやって横から見るとハリウッドゴジラってアロサウルスがモデルなのがよくわかる。

ディティールだけでなくポージングも素晴らしく、見る角度によって表情ががらりと変わる最高レベルのフィギュア。
恐竜好きなら絶対買って損しない一体。
最高です。


2012年01月20日(Fri)▲ページの先頭へ
DX超合金 VF-25S メサイアバルキリー オズマ機 リニューアルVer.

旧バージョンのDX超合金メサイアは玩具臭が強すぎてスルーしたのだが、リニューアルバージョンはスタイルが向上しているし質感もよく、やまとの1/60と並べられると判断してコレクト開始。

素のオズマ機自体に思い入れはないけど、アーマードとしては唯一の選択肢となる機体。
29、25アルトの入手困難さを考えるとアーマードパーツが出るまで待ってると買えなくなると思い予約購入。
結局発売と同時期に魂ウェブでアーマードパックが受注開始したので安堵した。

VF-25S Messiah Ozma Lee Custom

ツノは軟質、硬質が付属。
クリアパーツも美しくかなりのイケメン造形。
S型の顔がカッコよく見えたの初めて。

ファイター

エンジンブロックが上に出ているという個人的に25での重要ポイントを満たすスタイル。
グレーの機体色もより航空機感が感じられてアルト機よりリアリティ度アップ。
でもこの成型色仕様のグレー部分に購入時からスレ傷らしきものが全面に入っていて非常に汚い。

購入機体は右側の機体上面がカッチリ合わさらないハズレ個体orz。
と思ったら一度別形態に変形後戻したらはまった。
これだけ複雑なものだからメーカーでも変形間違うのかな。

ガウォーク

ハの字、逆関節どちらも素晴らしい。

バトロイド

スタイルはグッド。
でもやっぱり可動はおまけ程度。
腕は十分な可動なんだけど、足腰が残念。
あと表情の付いた平手が欲しかった。

現時点での最高レベルの変形VF玩具ではあるけど可動と塗装はげ対策はもっと進化して欲しい。
取扱説明書にダイキャスト部分がすれると塗装がはがれると注意書きがあったが、そんな生易しいものではなくどこに擦れようがはがれまくり。
ユーザーのことはみじんも考えないバンダイだからこの辺は対策もリニューアルもする気はないんだろうな……。


2012年01月11日(Wed)▲ページの先頭へ
けいおん!エクストラフィギュアvol.3 中野梓

セガのEXフィギュアシリーズあずにゃん夏服ver.

おなじ夏服のバンプレストのプライズと比べると顔の造形は数段上。
でもアレンジ風あずにゃん顔。

全身

ギターケースは取り外し可能。なので外してます。

色といい食い込み具合といいあずにゃんっぽくはないが……エロイイ。

細めのスラっとした足のラインとかも最高。


2012年01月10日(Tue)▲ページの先頭へ
セガ けいおん!プレミアムフィギュア"SUNNY-SIDE UP"

セガプライズで出た平沢憂中学生バージョン!
ガレキのときから欲しかったエプロン憂がまさかプライズで手に入るとか感動。

顔の造形、目の塗装はすごくイイ。
台座がフローリングになっていたり、フライパンの裏側に焦げウェザリングされていたりとプライズレベルじゃないこだわり。
憂派であれば買わない理由は無し。

ビーチクイーンズでもそうだったけど体型解釈はむっちり系。
足の表情のつけ方とか職人技すぎる。

ただ顔以外の塗装、表面処理はかなり汚い。
制服の白い部分は緑がかってるし、接着剤がこびりついてたり塗装はねも多い。
プライズだからしょうがない面もあるんだけど、なまじ造形がいいだけにもったいない。
一番大切な顔の塗りクオリティは高いから割り切った仕様な気もするけど。


2012年01月04日(Wed)▲ページの先頭へ
フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生?


フルメタ短編シリーズ最新刊。
短編シリーズは読んでいないんだけど長編本編の後日談が収録されているので購入。
コメディメインの本来の短編が4編+ラスト3分の1のページで後日談。

「テッサのお墓参り」
本編でも死んだ部下の墓参りをしたいという話があったのでてっきりその話とか思いきや

以下ネタバレあり。


テッサだけでなくアルのその後も見られるというファン必読のエピソード。

その後のテッサとアルが出るというだけでネタ的には充分なところに
アルの開発者とその目的とか世界観を深めるネタあり、アナザーにも出てきそうな新キャラ投入ありと
単なる公式SSにおさまらない濃い内容。

もちろん一番重要なテッサの描写も(挿絵も)たっぷり。
テッサの初恋なんて認めない!と言いそうになったが、テッサから語られるバニの話は正直泣ける。
レナードとバニを比して最終的に勝ったのはバニという結論は燃える。燃え泣ける!

今回テッサが言及している今後やろうとしていることがアナザーと絡んで再登場となってくれるとうれしいのだが……いや年取ったテッサは逆に見たくないかな?


2012年01月02日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダー王蛇

残念ながらミラーモンスターは付属しない仕様に劣化した王蛇。
ライダー自体のクオリティは素体共通なこともあり高いんだけど。

MASKED RIDER OUJA

「ここかぁ祭りの場所は」

figmaと違い召喚機のギミックがあるので遊びの幅が広がる。

ファイナルベント

ベノクラッシュ

背後にベノスネイカーを配置したいが無しorz。
イベントで展示されていたベノスネーカー、ジェノサイダーはでかくていい感じだったので早期の商品化を希望。

サービス満点だった龍騎やナイトから一転、ミラーモンスターなし、紫の塗装が薄いなど手を抜き出したバンダイ。いつもの事とは言え残念。