なががなブログ - 2012/07

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2012年7月
       

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:335
昨日:311
累計:4,910,961


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2012年07月22日(Sun)▲ページの先頭へ
トランスフォーマー プライム AM ディセプティコンビーコン

てっきり武装変更や塗装変更レベルで出ると思っていたプライムの国内版(?)だが
まさかの完全新規造形で発売されていたと知って急遽購入。

DECEPTICON VEHICON

FE版と比べてより人型に近づいたプロポーションが素晴らしい。
頭部はデザイン自体が異なっていてAM版の方がアニメに近い。

シールは基本貼らない方針だが
胸部のディセプティコンマークだけはクリアパーツを外して中に貼ってみた。
ただし要クリアパーツ白化の覚悟。
裏から見るとダボが見えるので接着部除去もかねてピンバイスでダボを少し削ってからダボを押し込むと外れた。

後ろから見ても美しいプロポーション。
折りたたんだ板の塊だったFE版と違い、ブースターっぽくなった背中もAM版に軍配。

文字通りAM版最大の特徴であるアームズマイクロン

ハンドガンサイズだったFE付属の銃と違いアームズマイクロンは機関銃サイズ。

ビークルモード

FE版よりサイズが小さく質感も安っぽい感じ。
ただ分割の関係上フロント部分はAM版の方が再現度が高い。

正面

こちらもディセプティコンマークだけシール使用。



FE版と大きく違うリア。
ジェットエンジン装備? 実用的にはアームズマイクロン用の穴ですが。


2012年07月18日(Wed)▲ページの先頭へ
トランスフォーマー プライム ファーストエディション ビーコン

放送中のTFプライムから先行版の方のビーコン。

VEHICON

戦闘員ポジションとは思えない貫禄とカッコよさ。
顔だけでなくスタイルも良好。可動は特別優秀とは言えないが見た目に関しては文句なし。
胸部のクリアパーツに透けて見えるデストロンマークとか作りこみもいい感じ。

サイド

ビークル形態の外装を利用した肩部アーマーの形状とかさすが変形トイの老舗。

リア

背面はビークルのボンネットからリアウイング部までが折りたたまれている。
ここは何かに模して欲しかったかも。

ビークルモード

戦闘機などに比べて箱型でやりやすいとは言え、このスタイルのものがロボになるのはすごい。
ドアの開閉などのギミックは一切無し。

正面

デストロンエンブレムが素晴らしい。



2012年07月16日(Mon)▲ページの先頭へ
アオリオ


純粋なギャルゲーエロゲー。
話が進んでもロボットに乗ったり、世界の謎に迫ったりはしません。
飛びぬけた点は無いがきちんと作られた恋愛ADVがプレイしたいなら選択肢に入る一作。

>キャラ
絵がはがないの人で外見は似ているがプレイしていても同一人物感は全くなく別人。
代用エロゲではないらしい。
やりすぎない程度に個性があり、部活が舞台なのでヒロインキャラ同士の掛け合いも豊富でプレイしていて楽しい。
もちろん個別ルートに入ればどのキャラも非常にかわいくなるし、ヒロインにならなかったキャラもいいサブキャラとして物語にかかわってくるという恋愛ADVとして理想的な形。

>シナリオ
シナリオは長過ぎず短か過ぎず
一度共通ルートを見てしまえば一気にクリアできる長さ。
でも延々とつまらない日常会話を見せられるギャルゲーエロゲーより評価は数段上。

付き合ってラブラブになった後にひと波乱あってエンディングと言うオーソドックスな恋愛ADVフォーマットの作り。
回想シーンも各キャラ4つづつあり、描写もきちんとしているので好みのキャラなら実用性もある。

>攻略
選択肢は複数回あるが結局はキャラ選択なので一回だけ選択ゲーと実質は大差ない。
でもゲームとして選択肢はあった方がうれしい。
それに絡めてサブキャラエンド的バッドエンドがあってもよかったんだが。

最近のゲームではよくあるクリアしていくとサブシナリオ的なものが開放されたりは無し。
潔いくらいヒロイン4キャラのルートオンリーのゲーム。

あとタイトル画面でも流れるOP曲アオイロステップは名曲。
ということで買うならボーカルアルバムが封入されている初回限定版一択。


2012年07月09日(Mon)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 アーバレスト "ラムダ・ドライバ"

ロボ魂お得意のリニューアル商品。
もとのアーバレスト00V2に比べれば十分すぎるくらい出来は良かったので外見での劇的進化はないが可動面がレーバテイン準拠に進化。

ARX-7 ARBALEST

ラムダドライバ名義なのでエフェクトパーツが豊富に付属。

肩の放熱フィンも開放してラムダドラバ完全発動状態

背中の放熱ウイングは今回も非可動でアニメのように上下に開いたハッタリの効いた状態には出来ない。

アルメカにも付属しなかったワイヤー装備付属


エフェクトパーツやワイヤーという追加装備に興味がなければわざわざ買い換える必要性はない感じ。
初めて買うならこちらを選ばない理由はないけど。


2012年07月05日(Thu)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 コダールi

カラバリやオプションではない新規造形ではSIDE AS(フルメタルパニック)初のウェブ限

Plan1058 CODALi

造形は最高。
だが成型色の赤が想像以上に安っぽいのが最大の欠点。
限定なんだし思い切ってメタリックレッドでもよかったかも。

パッケージはTSR表記だが武装はガウルン仕様のガトリング+単分子カッターとゲイツ仕様の背面マウント式マシンガン×2の両方が付属。
劇中武装を再現するには手持ちの火器はコダールから、TSR最終話の長刀は来月の武器セットから流用が必要だけど、プラスかマイナスかと言えばプラス評価の付属物。

一期20話「ヴェノムの火」のガウルン仕様

本編見ても設定画見てもメインカメラ(上の四角い方)がこんなに大きい絵はないんだけど、カッコイイからいいか。

ラムダドライバ発動状態用の頭部&放熱ウイングが別パーツで付属

ヴェノムVSアーバレスト

SIDE ASはROBOT魂の中ではかなりの優等生サイド。クオリティもラインナップも。
あとはシャドウとベリアルが出れば主要機体はコンプだな。
アニメの続きが作られる時はエリゴールが新規にデザインされたりするのだろうか?


2012年07月04日(Wed)▲ページの先頭へ
マブラヴ オルタネイティヴ トータル・イクリプス第1話

「帝都燃ゆ(前編)」
オリジナルの過去編がおもしろい。
アニメ化されたら微妙になる気がしてたトータル・イクリプスだが、ひきのある過去編から始めて初見にやさしくという構成は大正解。
原作既読者にとっても未見の本土決戦が見られるのはうれしいし。

作画
キャラデザインの段階で画には全く期待していなかったので無問題。
京アニとかの背景にも気合入れまくりアニメとは対極な感じ。
でも女の子はかわいく描かれてるので必要十分なのかな。

メカ
さすがアクエリオンやマクロスFのサテライト。
CGでグリグリ動く戦術機は必見。
キャラや背景とのクオリティ対比が凄まじいが……。
ゲームや書籍だとわかりずらい戦術機のサイズが非常にわかりやすく
戦術機最大の特徴である匍匐飛行もこうやって動くところを見せられて100パーわかった感じ。
次回描かれるだろうBETAとの接近戦描写も楽しみ。


予想に反して好印象だった第一話。
画的に起伏の少ないトータルエクリプス本編に入ったとき、この作画で持つかが心配。
超絶作画アニメなら心情描写やアラスカの自然描写とかで魅せる作りにもできるけど……。
最悪、動く戦術機ビデオになっても価値はあるのでいいか。