なががなブログ - 2013/09

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2013年9月
         

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:327
昨日:311
累計:4,910,953


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2013年09月29日(Sun)▲ページの先頭へ
MP-17 プロール

ついにランボルに続くカーロボットマスターピースの完全新作が!
やっぱり新規造形は手に取るときのドキドキ度が違う。

PROWL

特徴的な脚部やウイング、頭部など文句なしのアニメ再現度。
あと銃のホールドが固いくらいにしっかりしていたりとランボルよりも進化している部分もある。

ビークルモード

個体差なのか平均値が上がったのかわからないが、塗装の精度やビークル時のパーツの合いが大幅に向上。
この辺はカーロボットマスターピース唯一にして巨大な欠点だったので今後もこのクオリティを保ってもらいたい。

ランボルとの比較

まったく違う体型、変形で身長を合わせてきているのがすごい。
やっぱりリアルタイプのフィギュアは並べて楽しめるのが重要な点だし。

今後しばらくはプロール型の発売がつづくが、次のカーロボットが何になるか楽しみでしょうがない。
個人的にはバンブルかアイアンハイドがいいなー。どっちもバリエーション展開できるし可能性はある?


2013年09月22日(Sun)▲ページの先頭へ
wave 1/10 BEACH QUEENS 萩原雪歩

アイマスのビーチクイーンズでやっと雪歩の登板。

真っ先に浮かぶ感想は、顔の別人度が高すぎるorz。

身体の方は安定のビーチクイーンズクオリティなのに。

ラインナップが充実していて、クオリティがバラバラのビーチクイーンズは厳選して購入しているはずなのに
今回かなり残念な気分。
サンプルからの劣化なのか、サンプル撮影者の腕が良すぎたのかわからないが……。


2013年09月21日(Sat)▲ページの先頭へ
S.H.モンスターアーツ 3式機龍

ミレニアム版メカゴジラである機龍購入!

MFS-3:Multi-purpus Fighting System-3

バンダイお得意の銀塗装が最大限に生かされた塗装が美しい。

3式機龍といえば長い尻尾。
本家ゴジラを上回るほぼ全ての節が可動。

尻尾以外の可動も優秀、かつ足がダイキャストなので非常にポージングしやすく安定性も高い。
現時点でのモンスターアーツ最高傑作。

VSメカゴジラのガルーダと違い、バックユニットも最初から付属して、暴走頭部への換装も可能
最近のモンスターアーツからするとオプションは豊富なんだけど
東京SOSバージョンへの換装パーツはなし。
この高騰した価格からすると付属してもいいと思うんだけど。

まあ最悪、別商品じゃなく換装パーツとして出してくれればプレバンでもいいけど……胸パーツ取れないよなコレ。


2013年09月16日(Mon)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ ブリッツウイング

元祖トリプルチェンジャーといえばやっぱりアストロトレインとこのブリッツウイング!

BLITZWING

ガッチリした体格でスタイルも良い。
同時発売のスプリンガーと比べても頭ひとつ大きいサイズ。

可動も優秀。
ふつううにフルアクションと言っていいい可動箇所。
足首がボールジョイントで爪の開閉も合わせると良好な接地性が実現。
首が上下可動せず横回転のみなのがフェイスチェンジの代償ならフェイスチェンジはいらなかったな。

あと気になるのがヘルメットの色が黄色じゃなくて金色な点だが
……いじってるうちに慣れました。

ジェットモード

単変形のトランスフォーマーと違って結構隙間がある感じ。
形状的にはスーパーパックを付けたバルキリー?

タンクモード

隙間があるのはジェットモードと変わらず。

G1リメイクとして大満足な一体。
この仕様でアストロトレインとオクトーンは出して欲しいな。


2013年09月14日(Sat)▲ページの先頭へ
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA:Snow halation"

現時点では最高のラブライブフィギュア

発売されたのはけっこう前で3月頃?
アニメ放送真っ最中なのに、Snowhalationをチョイスという先見の明があるのか無いのか(笑)

個人的にはSnowhalationはPVとしては好きだけど衣装としては派手さがない印象だし
キャラも穂乃果推しじゃないし……と期待値低めで購入。

実物を見ると、想像以上のデカさとそれ以上に出来良さに驚く。
このクオリティのフィギュアがいつの間にか、しかもプライズで出ていたとかホント驚き。

Snowhalation PVでの淡い感じの作画が再現されているイイ感じの顔

一応PV見返したけどポーズはオリジナル?

正直このシリーズを続けて欲しかったんだけど
ラブライブのプレミアムフィギュアは路線がアニメ版のファーストライブverに変更された模様
原型師が変わったのか、サンプル時点ではお顔も微妙と残念な展開。
せっかくこのクオリティのフィギュアが出たんだから並べられるようにスノハレverも続き出して欲しい。


2013年09月13日(Fri)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ ボルテックス

ブルーティカスに合体するコンバットロンの一体。

VORTEX

ブラストオフがハエだとするとボルテックスはハチっぽい?
同じ昆虫系でもメタリック塗装が非常に美しく、ブラストオフのような安っぽさは感じないしヘリっぽさもあるしで満足度は高い。

ロボモードも腕はよく動くし武装が双剣なのでハッタリも効き、見た目はコンバットロンで一二を争うかっこ良さ。

一回変形するだけでゴリゴリと削れるメタリック塗装だがジェネレーションズの塗装はこうでなくては
コンバットロン5体を見ると重塗装で値上げといいつつ、さらに5体の中でコスト調整をしてるように感じてしまう。
ボルテックスやブロウルレベルが平均なら最高だったんだが。


2013年09月09日(Mon)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ ブラストオフ

ブルーティカスに合体するコンバットロンの一体。

BLAST OFF

サイバトロンモードとは言えスペースシャトル感なし。
むしろ機首の格子状のモールドが複眼に見えて昆虫感(ハエ?感)強し。

何故か国内版ジェネレーションズの売りであるメタリック塗装もなく、作りも単純、モールドも大味で安っぽさ全開。
でもロボット形態のスタイルはいい。

素立ちで見るとマッチョな肩部もハッタリが効いててカッコイイ。
まあポージングさせようとすると一気にボロが出るが……。

いい意味でもわるい意味でもごまかしが効いていて
この単純さで合体用を含めると3形態に変形するのはある意味凄い。
これでもう少し塗装で質感を高めてあれば良かったのに。


2013年09月07日(Sat)▲ページの先頭へ
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 園田海未

毎月刊行のラブライブ!小説版の2番手海未ちゃん篇

短編エピソードの集合メインだった穂乃果編よりもストーリー性がアップ。
大きなテーマとして真姫の家の問題があって、それに海未が自分の家を重ねあわせて解決していくという筋立て。
この辺は話が長く続けば避けられない問題なのでアニメ2期でやって欲しいネタのひとつ。

あと穂乃果編ではアニメとは別選択肢で分岐した世界ぐらいに思っていた小説版だが
海未と穂乃果が生まれる前からの幼馴染みで家も近所とか、海未がμ'sに入った時に弓道部を休部していたり、などなどアニメと大きく設定が違うことが明らかに。

特にアニメだと穂乃果は海未よりことりの方とより仲がいい感じだったが、小説版では穂乃果&海未がラブラブ。

これだとにこ先輩を落とせないし、アニメの終盤のことりの展開も難しいよな。
まあ呼び方問題を筆頭にアニメは色々と他のメディアと違うし、漫画版も完全別路線だし、違いを楽しんだもの勝ちですな。

それによく考えると、同じ電撃企画、同じ公野櫻子著のストロベリー・パニックもアニメと小説で全然違う設定&展開だったよなー。


2013年09月05日(Thu)▲ページの先頭へ
パシフィック・リム

怪獣と巨大ロボをこよなく愛す人による、怪獣と巨大ロボを愛する人のための、怪獣と巨大ロボを愛する映画

怪獣か巨大ロボが好きなら見に行って損はない、圧倒的なビジュアル。
100m弱という巨大サイズのロボが地上戦するってのはアニメでもなかなかない光景。
それが実写で見れるんだからコレはたまらなく魅力的。

日本の特撮&アニメファンと公言する監督が作る絵なので見てるだけで幸せになれます。
特に序盤の設定&歴史解説的なダイジェスト部分の見せ方や、巨大感の演出は必見。

反面、終盤になると巨大ロボット感が薄れ、ストーリーもハリウッド映画的な定番展開になるのが……。


2013年09月03日(Tue)▲ページの先頭へ
wave 1/10 BEACH QUEENS 武部沙織

ガルパンのビーチクイーンズ第二弾にして個人的な本命さおりんです。

顔もアニメに似てるし、髪型もふわふわ感ある造形。

身体の方も素晴らしいオバイ造形で言うことなし。

後ろから見てもOK!

付属品は一切なし。替え表情も、替え髪型ももちろんなしの(最近のビーチクイーンズに多い)ケチケチ仕様ではあるが、この出来なら買って損なし。


2013年09月02日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.モンスターアーツ ゴジラ(1964)

満を持して登場した昭和ゴジラ。しかも本命のモスゴジです。

GODZILLA

ここまで待たせた分、造形は素晴らしい。
塗装の質感もこれまでのシリーズとは変わっていて、つや消し、グラデがいい感じ。

モゲコジと比べてサイズダウン。
設定身長だと昭和ゴジラは平成ゴジラの半分なので、これぐらいのサイズ差があっても問題なし。
さすがにモゲゴジの半分とかは誰も喜ばないし。

特徴的な太いまぶたと三白眼もいい感じ。

目の構造が今まで変わっていてクリアパーツがかぶさっている。
悪くはないんだけどクリアパーツが曇っていて目がぼやけて見えるのはマイナス。

付属品はゼロでゴジラ本体のみ、熱線もなし。
値段が上がって、サイズが小さくなって、ウェブ限なのに何もなし。

出来は素晴らしいし、昭和で最もメジャーと言ってもいいモスゴジなのに、ウェブ限……。
バンダイのやり方をまともな神経で理解するのは困難です。