Volume7


カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2009年1月
       
6

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:45
昨日:319
累計:4,908,148


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2009年01月06日(Tue)
< 姪少女 < 姪少女 その2 | ゲーム/一覧 | 姪少女 その3 > バルドスカイセット
Volume7


RococoWorks第一作ボリュームセブン通称ぼるしち

ゲーム性はほとんどなく、カップリングも固定で順々に読み進めていくタイプのAVG。

詳細に設定された世界設定、キャラクターも絵柄に拒否反応が出なければ非常に魅力的。
あとボーカル曲が名曲なので購入時はボーカルCD(でも挿入歌が入ってないorz)付きの初回限定版購入が必須。

ただゲームとして面白いかと言われると微妙な感想。

前半のキャラ(カップリング)別シナリオである内世界編はふつーのギャルゲ−的展開。
特別掛け合いが楽しいわけでもなく、萌え狂うような描写もないのでヒロインキャラに思い入れをもてないと辛いかも。

後半の群像劇化する最終章
期待通り、事件の裏側や世界設定の謎が明らかになっていく。
あっと驚きの展開もあるし、話がはしょられる事もなく最後まできちんと描かれる。

だが読んでいて全く面白くないし、説得力も圧倒的に不足している。

予約特典冊子「V-MAX(Volumeseven-MAniaX)」
を読むと前半部分のキャラ別プロットすら非常に面白そうなのに
ゲーム本編のシナリオではその面白さが一切感じられない。

設定やプロットは特Aクラスに化けそうなポテンシャルがあるのに、それを表現できていないのが致命的。


>攻略
内世界編の攻略順は素直に
十丸→龍護→八代
とするのが吉。
順々に裏側が明かされて、その後の最終章にスムーズにつながります。


以下ネタバレありキャラ別レビュー


「十丸&梗香」
3組のカップルの中ではオーソドックスな学生カップル。

ある意味メインの主人公である十丸がキモすぎる。
よくあるキモイ系のキャラではなく、普段の言動が気持ち悪い。
その上声優の演技が素晴らしくキモさ倍増。
エチシーン以外では初めて男性キャラ音声を切ってプレイした位。
得意げな顔の立ち絵もむかつくし、ホント最悪の主人公キャラ。

ただヒロインである梗香が非常によかったのでプラスマイナスゼロでなんとか乗り切れた。
梗香のリアクションをメインにプレイすると内世界編も結構楽しい。
(ただそれだけに十丸とっくっつくのが唐突すぎに感じるが)

今回の事件の中核のような存在なのに、結局最後まで活躍ゼロなところはある意味リアルだし十丸らしいといえるけど。


「龍護&琴良」
気のやさしい筋肉系の主人公&和風系ヒロインのカップル。

十丸&梗香を監視する立場なので二人のルートの裏側が描かれる。
シナリオ的にはサブキャラとして茉莉が活躍するのも高ポイント。

最後のどんでん返し(実は男だった!)は完全に裏をかかれ驚愕だったんだけど
誰も期待してないでしょコレは……。

そのくせエチシーンでは女性の身体にもどってしまい、ほとんど意味なし。
この辺をプロット通りていねいにエピソードを描けばむちゃくちゃおもしろくなりそうなのに。


「八代&さくら」
最年長のおじさん主人公&金髪ツインテの幽霊という異色カップル。

主人公キャラは年齢が上がるごとに好感度が上がっていく。
頭も切れるし言動も納得できるものが多い。

さくらは序盤はうざく話が通じないモンスターキャラなんだけど、八代と恋愛関係になってから急速にかわいくなってくる。
ただ特異点としての設定が全く生かされず終了してしまうのが物語的にもったいないけど。


「浅瀬茉莉」
濱栗子最高!
プロローグ部分では異常にイイキャラなのに早々に退場してありえないと思ったが
内世界で華麗に再登場。
最初から最後までおいし過ぎる役回りで活躍します。

ぼるしちシナリオ唯一のプラス評価は茉莉がきちんと対人安定因子を持っていると納得できる描写がされている点。
好感度ダントツNo1のキャラクターです。

クリア後に解放されるAfter Storyで明かされる正体「濱マリ」も特Aクラスの萌えキャラ。

茉莉だけを目当てにぼるしちをプレイしても後悔しないレベル。


>追記
最後にもう一点大きな欠点
一枚絵(エチシーン)になると胸の大きさが巨大になるのがダメダメ。
萌え系キャラでこれをやられると一気に冷める。
きちんと立ち絵準拠でキャラ間の違いを描いてください、マジで。