フィギュア

アクションフィギュア、プラモデル、美少女フィギュア、ガチャフィギュア レビュー
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2017年9月
         
22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:45
昨日:319
累計:4,908,148


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2014年12月04日(Thu)▲ページの先頭へ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit

非正規TFのアップグレードパーツ頭部。
ORIONで最も気になっていた頭部の改修パーツと言うことで予約開始後、即注文したのだが半年近くの時を経てようやく入手。

頭部を変えたことで印象が劇的に改善。
どう見ても正にコンボイ司令官!
やっぱりフィギュアは顔が命

頭部の換装方法は後頭部のネジを外し頭部をまるごと交換。
可動は元の軸関節のみで残念ながらボールジョイントは追加されなかったが、変形ギミックを利用して水平から上方向へは角度をつけることが可能(元のORIONと同様)

軸丸出しだった首関節がしっかりと太くなっているのが最大の改善点。
顔の造形も元のORIONと比べてみると格段に良くなっている。

あまりに気に入ったので、両肩のエンブレムをシルバーバックからホワイトバックの物に変更、フロントガラス内を銀塗装。
結果、手持ちの非正規TFの中で最もお気に入りの一体に。

元のORION+アップグレードパーツの合計金額を考えるとアレだが
ORION購入者は絶対入手して損なし。
非正規TFのアップグレードパーツを別の非正規メーカーが出すという文化は素晴らしい。


2014年10月02日(Thu)▲ページの先頭へ
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛

邪神メーカーの名を欲しいままにしていたフリューだが、前シリーズのビーチフィギュアから段々とクオリティが上がってきて、ついにラブライブプライズ最強と言っていいモノが出てしまった、それがこのもぎゅ凛ちゃんダヨォォォォ!

このコンプリートフィギュアは「もぎゅっと“love”で接近中!」のコスチュームをセレクトしてます。

アップで見ても究極かわいい凛ちゃん!

プライズなんで髪にバリとかあるけど、そんなことは帳消しになる超クオリティ!
ただ可愛いだけでなく、きちんと星空凛になってるところがスゴイ。

顔だけでなく身体の造形も素晴らしい。
前から見たのっぺりした体型再現もいいし
足からヒップにかけたラインとかもすごい(エロい)よ。


μ'sの中ではフィギュア化の機会の少ないキャラだけど、出来としてはもう決定版が出てしまった感。
あくまでプライズなんでディティールとか塗装は最高レベルではないんだけど、そういう仕様以外では文句の付け所がないレベル。
今後凛ちゃんフィギュア出すメーカー、特に非プライズ系は大変だな…。


2014年09月28日(Sun)▲ページの先頭へ
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー

figmaやフィギュアーツと同スケールの1/12相当、かつあのベーダー卿が出ると言うことでスターウォーズフィギュア初購入。
箱に収まった状態の初見の感想はモールド、塗装共に大雑把、という正にアメトイっぽい感想。

DARTH VADER

このサイズの日本製フィギュアではあまりない布マント。ローブも含めてもろに布。
可動はそんなに良くなく、両手持ちとか不可能。ベイダーは派手なアクションをするキャラクターではないのでいいけど。

フィギュアーツとサイズ比較

かなりベイダーが大きいけど、大柄なキャラなんで違和感はない。
あとはシリーズの他キャラの大きさがどうなのか。

マスクオフが可能

口元のメカも雰囲気出ているし、メット裏のモールドもあり。
素顔をまじまじと見た事はないけど、悪くない造形かな。

日本製のアクションフィギュアと比べると造形も可動も劣るが、他作品と同じスケールで並べるのが好きならば魅力的なシリーズ。
製品自体は本国版にシールを貼ってあるだけなので海外版が安ければ日本版にこだわる必要もないかな。


2014年09月15日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014]

劇場公開時に待ち遠しくてしょうがなかったギャレゴジのモンスターアーツついに発売。

ソフビや玩具版に満足できなかった層には待望の出来。
口を開口すると特徴的な膜も再現されていた。

正面

小さな目、豚鼻と再現度は高い。
ただ胴体部の塗装色の違いが非常に気になる。

側面

特徴的な背ビレの形状やくびれのない太い首も再現。
写真の背ビレの途切れは上半身を前かがみに可動させているためです。

不満点は胴体の塗装くらいで満足度はかなり高い。
早くムートー2種をこのクオリティで発売して欲しい。


2014年09月12日(Fri)▲ページの先頭へ
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. −

祝!南ことりちゃん誕生日!
と言うことでブキヤのことりちゃん、間違いなく現時点での南ことりフィギュアの最高峰!
文句なくことりで、文句なくカワイイ!!

ベースの水しぶきエフェクトもクリア形成でいい感じ。

アップに耐える良顔造形、アイプリ。
髪飾りもPV通りにクリア成形

写真では見えづらいけど、鼻はあります。

一応後ろアングルも

髪が広がってるので背中も見えます。

素晴らしいフィギュアなんだけど、唯一の欠点は夏色衣装なんで露出控えめなところかな。
スカート状のフリルが厚くて、透明度も高くないのも悪影響。
PVだと完全に透けていて水着のパンツ部分がしっかり見えてるのでまだお色気があるんだけど。


2014年09月10日(Wed)▲ページの先頭へ
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代)

8月のTF博で先行販売(?)されたTF30周年記念 歴代司令官コレクションの一体。
限定品のネメシス2種が売り切れでロボマス版も持っていなかったので現地購入。

総司令官コンボイ

画像検索するとロボマス版はウインドウが透明みたいなので、リペイント部は青いフロントガラスくらい?

あとロボットマスターズ版にあったミサイルランチャーをオミットしてコスト削減して……値上げ!
まあミサイルランチャー自体はいらないからいいんだけど。

ロボマス版から気になっていた腰部は実物を触ると許せるんだけど、足首が動かないも同然なのがアクションフィギュア的には大きな欠点。

ビークルモード

コンボイキャブで一番大事なのはフロントが平らな面になってる事だと思うんだけど、リメイクコンボイで平らなのってMP位だよな。何でこうしちゃうんだろうか……。
手首を隠すと、腰が引っ込むギミックは良く出来ているとは思うんだけど。


現状再利用中心とは言え、このまま全司令官を出してくれれば(となると完全新規も出るだろうし)、コレクションシリーズとしては魅力的。
来年の日本上陸30周年に合わせて、どんどんラインナップを増やして欲しい。


2014年09月08日(Mon)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム

注文時は最悪パーツ取りして強化型ZZができればいいかな位だったフルアーマーZZ
届いた実物を見るとフルアーマーで十分満足できる出来。

FA-010S

換装ギミックを廃止してポロリとスタイリングを改善した方向性は成功。
完全新規作成の頭部はカッコいいし、可動性能もフルアーマーになったのに向上。
この追加装甲MSをポロりを気にせず動かせるのは想像以上に気持ちいい。

ミサイルハッチはランドセル、胸部、腕部が開閉可能

ランドセルの接続パーツが共通じゃなかったり、肩上部の装甲は肩にガッチリ付いていたりと、パーツを外してノーマルタイプを強化型にするというのはムリっぽい。

何故か付属するハイパー・メガ・カノン

どうせロクに構えられないし、オミットして価格を下げてくれた方が……。

ZZ好きなので半分惰性、半分はノーマルの改良パーツ扱いを覚悟で購入したけど
予想以上の出来で満足度の高い一体。

ただ価格は高いくせに、検品はザルで顔のへの字は歪んでるし、青装甲部に塗料溜まりがあるしとクソバンダイクオリティも健在。


2014年06月02日(Mon)▲ページの先頭へ
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls"

セガのラブライブプライズも第3シリーズ突入。
ノーブラ穂乃果登場!

きちっと穂乃果になってる顔の造形。
プライズでここまでやってくれれば文句なし。

躍動的なポーズ。

髪もプライズっぽい大味な造形ながらも動きを感じる良造形。

スタダで邪神ルートに入ってしまったプレミアムフィギュアが見事復活
しかも9人全員リリース予定とくれば集めるしか無い。
ほぼ毎月一体ペースというのもいい感じ。

でもノーブラ完走後にスノハレの続き出してくれてもいいのよ。


2014年06月01日(Sun)▲ページの先頭へ
TFクラウド オプティマスプライム

トランスフォーマー通販専用のリペリデコシリーズ。第一弾で本命!
ヘケコン型を初めてさわったけど、聞いてたとおりいい感じ。

OPTIMUS PRIME

発表の時点で気になっていた白パンツカラー。
実物を見ても残念感強し。
よりG1アニメに近づけたカラーリングにしたって事なんだろうけど、立体にすると浮いちゃうんだよな。
従来のシルバーやグレーのほうが絶対良かった。

あと大幅にカラーが変わったブラックの風防だけど、こっちはかなりいい感じ。
もともとG1ビークルにはない要素なので黒くして別物感を出してくれた事で逆にしっくりきた。
銃モードも黒くなるし。


最近のトランスフォーマーより玩具っぽい作りで時代を感じさせるが
ヒロイックなアレンジのデザインはカッコいいし、可動も悪くなし。
コンボイに見立てるときに違和感の合った風防が黒に変更されてるのはクラオプの長所。
値上げされてるとは言え、プレミア付いてるヘケコンの中古よりは安いし
これで白パンツがシルバーだったら文句なかったのに、惜しい。


2014年05月17日(Sat)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ ホワール

日本版が出る気配がないので海外版を米尼から購入
アニメ未登場なのでよく知らないけど、旧玩具の画像と比べるとストレートにアップデートされていていい感じ。

AUTOBOT WHIRL

各部のロックはしっかりしていてスタイルもいいし、スカスカ感もなし。
シールはローターのブレードの赤ラインのみ使用。
グッと引き締まっていい感じ。

ロボットモードは逆足、モノアイとトランスフォーマーでは珍しいスタイル。

元ネタ知らなくても非常に気に入ってしまうクオリティとデザイン。
唯一残念だったのは肩のボールジョイントがユルユル過ぎてすぐ肩が下がってしまうところ。

最近のコスト削減の影響を感じない良アイテム。
ネタ的に日本で出るか微妙な気がするので米尼で安いうちに買うのもアリ。


2014年05月07日(Wed)▲ページの先頭へ
Cubex ENGINEER HUFF

トランスフォーマーG1のドラッグ似のHUFF

サイバトロンマークはG1玩具リスペクトで天井に貼ってみる。

ビークルでのサイズ比較

ミニボットと言えどコンボイのトレーラーを引けるドラッグなので大きすぎず、小さすぎずのコレぐらいがいい感じ。
ディテールもMPアラートと並べて遜色ないレベル。

設定画風ポージング

もはやドラッグ以外の何物でもない、最高!
背負い物のためかなり後ろ重心だが、かかとを伸ばせるので自立も問題なし。

ロボットモードでのサイズ比較

ミニボットらしくアラートの胸くらいのベストサイズ。
MPサイズで並べられるとか本当に至高。
本家のMPバンブルとのサイズ比がどんなものなのか今から楽しみ。


2014年05月06日(Tue)▲ページの先頭へ
ROBOT魂 Hi-νガンダム

何の脈絡もなく単体リリースされたROBOT魂のハイニューガンダム。
何だかんだ言っても非常に出来のいい一体で満足度高し。

RX-93-ν2

MGデザインとは異なる重量感のあるスタイル。
小説版というより最新解釈と考えればいいのかな。
個人的にはROBOT魂版が一番好み。

がっしりしたスタイルだが可動は平均的なROBOT魂以上に確保。
不満のあるのは横顎のデザインのせいで制限がある頭部の可動くらい。

フィンファンネル用エフェクトパーツはアームも含めて4組付属。
2組足りないけど、4つでもセットするのが大仕事だったので許容範囲内。
フルセット欲しければ拡張セット使えってのは本家ニューガンと同じだし。


2014年04月27日(Sun)▲ページの先頭へ
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー

去年のザンボット再販と違い型番もGX-65で完全に別商品としてリリース。

DAITARN3

魂ウェブのサンプル画像だと紺色部がすべて青に見えて悲惨なリペ商品としか思えなかったが
実物は上半身と頭部のみ青、その他は紺色で、むしろメリハリがあっていい感じ。
黄色>オレンジへの変更はサンプル画像よりも強烈にオレンジ色。黄色は立体として弱い色なので、これもメリハリと言えばメリハリなので許せるかな。
額の角のメタリック化も悪くないんだけど、コレするなら去年のザンボット再販にもメタリック角欲しかった……。

旧版を持ってないので並べることは出来ないが、単体で見る限りではリニューアルカラーに不満なし。

DAIFIGHTER

各部に固定部はあるんだけど、どうにもカッチリした変形にはならない。
特に垂直尾翼と脚部の接続ダボが入らないのは個体差かな?
心配していた肩アーマーのシルバー>グレー化はファイターでもそんなに違和感なし。

DAITANK
 
キャタピラ部は大胆に別パーツ。
いらんこ筆頭の形態だが意外にカッコ良かった。
あの砲身が足から出てくるのは驚き。

何だかんだ言っても値上げのためのリニューアルカラー版なのは明らかだが
旧版の中古をプレ値で買うよりはいいかな。
あとは一緒に並べる用に小サイズのザンボットとトライダーをスパロボ超合金で出して欲しい。


2014年04月09日(Wed)▲ページの先頭へ
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション

OPTIMUS PRIME

クリアパーツの武装にメッキの本体。
見た目は悪くない。
後ろに盛大に背負ったガワのおかげで可動もそれなりだし、足首動いて接地も良好。
ちょっと赤と青のメッキが薄いのが気になるくらい。

ビークルモード

ガワをまるごと被るので見た目は悪くない。
まあガワなら横の窓をクリアにしろとか色々あるけど、ほんとの欠点の前では些細なこと。

不満はガワ変形で安く上げてるなら、価格も下げろってところに集約される気がする。
映画一発目のオプということで購入したが、リベンジオプレベルのきちんとしたのも出してくれるんだよね……。
折角大幅にデザインが変わったんだから、全く新しい最高のものを見てみたい。


2014年02月02日(Sun)▲ページの先頭へ
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版)

予約段階ではよくわからなかったアジア限定再販の仕様。
結局国内版に特典が付く形だった。

GRIMLOCK

噂どおりの素晴らしい造形。
ただこれ以上、下を向けないのだけは残念ポイント。
デカイキャラなんで下を向くことは多いし。


ロボモードのスタイルも文句なし。

MPコンボイとのサイズ比は聞いていたとおり小さいな……。

今度出るスラッグ似に付属の下駄を履かせても、恐竜モードの大きさは変わらないし。

あくまでアジ限だったのは、サイズアップでリメイクする可能性が?

ある意味今回の目玉である特典パーツを使用した擬似キンググリムロックver.

王冠は金属製でネットの画像と見比べるとキンググリムロックの王冠とは形状も違うみたい?
ガッチリはまる形状だが、キチンとはめると後頭部の目の色チェンジボタンに干渉して赤目にできなくなる……。色が逆なら良かったんだけど。

フレームソードはゴム製で既存のソードにかぶせるタイプ。
かなりタイトで温めないと着脱共に不可レベル。
造形ももっさりしてるしちょっと残念。

今なら高価な中古品を買うより、新品で国内版のエプロン等が付属して擬似キンググリムロックも楽しめるアジ限がお勧め。


2014年01月20日(Mon)▲ページの先頭へ
NECA ジプシー・デンジャー

延期に次ぐ延期でやっと手に入った2体セット版のジプシーデンジャーレビュー

JAEGER GIPSY DANGER

相変わらず惚れ惚れする造形。
バトルダメージ版と言われているバージョンだが、特にパーツが欠けている訳でもなく
汚し塗装とチェーンソード付属verなので買うならこちらを推奨。

ジプシーデンジャーと言えばステゴロスタイルなのでパンチの構えにしたくなるが
可動はこれぐらいが限界。
エウレカより動かない感じ。

目玉のチェーンソードは手首上の穴に入れる差し込み式。

ホントかっこいいのに動かないのが残念すぎるといういつもの感想。


2013年12月03日(Tue)▲ページの先頭へ
TOYWORLD TW-02 ORION

うーん、カッコイイ。G1コンボイを現代風にアレンジ……ではなくてIDW版オプティマスデザインらしい。
最近小型のオプばかり出ている中で貴重なボイジャー超サイズのコンボイ。

クリック関節メインで保持力は問題ないが、その分細かな調整が効かずポージングが不自由。
ある程度遊びがあるので、そんなに気にするほどでもないけど。
足首は可動しないが、つま先が動くので接地性は確保。

最近のでサイズ比較

ジェネのブリッツウイングと比べると頭ひとつ大きいちょうどいいサイズ感。
IDW版同士になるバンブルビーゴールドバグとの比較もいい感じの対比。
今後のジェネ枠はこのサイズで統一してくれるとうれしいが……。

非正規品なのでサイバトロンエンブレムを両肩と胸中央に追加。
IDWオプの特徴である三分割構造の胸部や羽状の背面のルーフを再現しているが、全体に太めアレンジが効きすぎな気も。
まあ、そのおかげでG1コンボイ代わりに見立てられるんだけど。

成形色メインなのですごく気になるわけではないが、塗装はよくない。
黄色や蛍光ピンクは塗るのが難しいとはいえ、ムラとか欠けがかなりあるのは残念。

あと首関節が軸回転のみ、かつ細すぎるのが最高に最悪。
正面から見ると首が浮いているように見えるし、決して良くない頭部の造形をさらに悪く見せている。
造形改善プラスボールジョイントの頭部アップグレードパーツが欲しいレベル。


ビークルモード

G1コンボイ以上に四角いが、天井のちょっと反ったウイングが非常にいいアクセントに。
フロントガラスもグリルもダミーじゃなくて、このスタイルはすごい。

最近のでサイズ比較1 ゴールドバグ

最近のでサイズ比較2 トレイルブレイカー


非正規価格で1万越えではあるが、非常に魅力的な一体。
このあと1、2年の内に新ボイジャーオプが公式で出ないのなら代用コンボイとして貴重な存在になるかも。


2013年12月01日(Sun)▲ページの先頭へ
NECA ストライカー・エウレカ

パシフィック・リムのイェーガー購入一体目は唯一の第5世代機に。

JAEGER STRIKER EUREKA

適度な汚し塗装がされていて、巨大感を感じさせるのもいい感じ。

可動はKAIJUよりは動くけど、これくらいが限界。
日本のリボやらROBTO魂とは別物と考えるべきアイテム。

やっぱストライカー・エウレカが断トツでカッコイイよなイェーガーの中では。

相変わらず造形はいいので満足なんだけど、そろえる事を考えると他の機体がプレミア付いているのがツライ。ネカのフィギュアって再販とかあるのだろうか?


2013年11月25日(Mon)▲ページの先頭へ
S.H.モンスターアーツ ビオランテ

迷いに迷って購入したモスターアーツ最高額商品。
手元に来たモノを堪能している現在、後悔はないけど、やっぱり割高感。

植獣 BIOLLANTE

本体自体のサイズはそれほど大きくはないが、本体の塊感と触手をつけた時の空間占有率がものすごい。
本編に比べると少ない触手本数だけど、実際触ってみると遊びやすさとコスト両面を考えたベストな選択に思えてくる。

触手はかなり自由に動かせ、長さも必要十分なので遊び甲斐十分。
口内は歯がまばらな感じ。
怪獣の口は第二の顔と言ってもいいくらい重要ポイントなので結構残念。

底面は完全に平らでモールドとかは一切なし。

VSモゲゴジ

ビオランテ120mモゲゴジ100mなのでちょうどいい対比?
逆に言えば劇中対比を再現するには小サイズのビオゴジが必要か。

ビオランテの可動モデルなんて今後出る可能性は無いに等しいと思うので、このクオリティなら買う価値は十分ある。
花獣も欲しいところだけど、同価格帯だと手が出ないのでフィギュアーツZEROっぽいサイズを合わせた非可動モデルでいいかも、触手はビオランテのを流用可能にして。


2013年11月24日(Sun)▲ページの先頭へ
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE

非正規トランスフォーマーのクエイクだけどショックっぽいレーザーウェーブさんです。

正規リメイク品以上にG1デザインを忠実にディティールアップしたデザインがいい感じ。

そして何より素晴らしいのがマスターピースサイズという点。
コンボイver2以降の統一サイズ準拠なのでサウンドウェーブやコンボイと並べられるのが最高。

塗装部分はわずかで、成形色メイン+メタルパーツの構成というのは本家MPと変わらないんだけど
本家MPと違い、QUAKEWAVEはメタルパーツがそのままむき出しなので質感がちょっと違うのが残念。

SFガンモードは大人が握ってちょうどいい感じのサイズ。

人気キャラとは言え、変形自体が単純でSFガンモチーフ。流用も難しいキャラということで本家でマスターピース化されるには時間がかかりそうと踏んで購入。
非正規とはいえマスターピースと比べれば値段にそう差はないので買って正解のクオリティ。


2013年11月23日(Sat)▲ページの先頭へ
NECA ナイフヘッド

パシフィック・リムの7インチアクションフィギュアを今更ながら購入。

KAIJU KNIFEHEAD

劇中データを元にしたというだけあって造形は素晴らしい。
イェーガーが本命だと思っていたこのシリーズだけど怪獣もいいでしょコレ。

ナイフヘッドの名前から頭部が特徴と思いきや、4本腕がかなりイカしてます。
凶悪な外腕は可動だが、残念ながら内腕は非可動。

口は開閉可能だけど舌がじゃまで閉じられません。意味なし?
尻尾はベンダブル仕様。

国内のアクションフィギュアと比べると可動は申し訳程度だが、造形は平均以上で文句なし。
ただこのナイフヘッド、同シリーズのイェーガーと並べるとかなり小さいのが残念。
一回しか見ていないがイメージ的に怪獣の方が大きかったと思うんだけど。


2013年11月18日(Mon)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03

ブリッツウイングのレビューで慣れたと書いた金頭だが、黄色を見てるとやっぱりこっちがいい(笑)

フェイスチェンジのために(?)軸回転だけだった頭部可動がボールジョイントに!
アゴ引いたり、上見たり、ポージングの幅が大きく広がる。
ついでにサングラスがクリアパーツで集光仕様になってるのもマル。
色的にも可動的にも、日本版に米国版用アップグレードパーツがベストと思われます。

肩補強パーツ
一部で最大の問題点と言われていた肩の外れやすさを補強するパーツ。
つけるとビクともしなくなります。効果絶大。
色が本体色と違うのは残念だけど、ディティール追加と考えれば、逆に豪華に思える。


銃の大型化は元にあまり不満を感じていなかったので、色が青い方が気になる。
ビークル時に肩補強パーツを結合できるんだけど、そのために青くなったんなら大きなお世話としか……。

ミサイル
全く必要性を感じていなかった追加パーツ
このパーツの色を独自の色にできたなら、銃も黒系にして欲しかった。
一応ロボ時にも肩の後ろにマウントできるが、可動に干渉します。


本体(割引価格時)とほぼ同じ金額という事さえ目をつぶれば、文字通りブリッツウイングをアップグレードする満足度の高い製品。
個人的には顔と肩パーツだけでよかったので、他はオミットして安ければ最高だったけど。


2013年11月17日(Sun)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム

バンブルとセット販売された小サイズオプティマス

OPTIMUS PRIME

このサイズでこの造形、可動は100点以上。

付属のローラーは武器へ変形。デカイです。

胸の開き具合は定位置がなくフィーリングで
とりあえずサイバトロンマークは見えるようにしたい所。

ビークルモード

これくらい変形が簡単だと気軽に両形態に変形して遊べる。

値段は高いが、メタリック塗装が美しく買うなら断然日本版。

唯一の欠点はセット販売されたバンブルと同サイズって事かな。
とりあえず並べると違和感がハンパない。
絡めるならメトロマスタークラスという名の通りメトロプレックスくらいしかないのが残念。


2013年11月04日(Mon)▲ページの先頭へ
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー

ハイスペックカテゴリーでリメイクされたキングスカッシャー

KING SCCASHER

サンプル画像だと黄色に見えていて心配だった機体色は、ちゃんと金系のメタリックになっていて一安心。
でも色合い的には前の方が断然好み。今回のは手抜きしたときのバンダイみたいな色。

ポーズをつけるとほとんど接地できなかった前作と違い、可動は大幅に向上、ダイキャスト使用もあり安定性は別次元。
ぱっと見は確実にカッコよくなってはいるが、この頭身の上がり方は違和感。
ワタルからグランゾートになってしまったと言うと言いすぎだが、前作の頭身のほうが好みかな。

サムライオン

ロボ形態以上に動かなかったサムライオン形態は今回四肢の可動が大幅に向上、スタイルも胴が伸びてよりライオンっぽくなっている。
だが顔が小顔過ぎる気が……。顔だけで言えば前の方がデカくて迫力があったのでちょっと残念。

変形時の胴の収縮ギミックとか素晴らしいし、可動も大幅に向上しているが、塗装の質感とスタイルは前の方が良かったかな。
好意的な見方をすれば、頭身が上がったのは今風アレンジ(劇中アレンジ?)、塗装が変わったのは変形時の削れ防止と思えなくもないんだけど。
通常のヴァリアルブルアクションも手放しでは褒められないものが多いが、Hi-SPECはそこから価格を上げているのだから、あと一歩がんばって欲しかった。


2013年11月03日(Sun)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ オライオンパックス

セット販売された国内版のオライオンパックスの方

ORION PAX

個人的にカラーリングは国内版の方が好きかな。
エナジーアックスの色もG1と同じだし。

ビークルモード

サイバトロンモードのビークルなので実写モチーフではないけど
コの字型のフレームのないフロントガラスや後部の羽状のパーツとかメカ的に魅力的なデザイン。
ビークルでは武器を付けない派だけど、サイバトロンモードだと素直に付けられるし。

ほぼ同じ価格のジェネオプと並べると身長同じくらい。
小さいのが不満だったジェネオプと同じだけど、オライオンは設定上小さくていいのでOK

各部のゴツさからオライオン→オプの流れを感じるけど
作りはオライオンの方が断然高級そうに見える。
一時期の極貧仕様から改善のきざし?


2013年10月28日(Mon)▲ページの先頭へ
MP-18 ストリーク

フェアレディZ型マスターピース第二弾。
プロールのカラバリなのでそのクオリティは保障済み。
心配なのは個体差の酷い塗装だけ。

STREAK

非常にカッコイイ!
黒光りするブラック部分とダークシルバーの塗装はプロールとまったく違う質感が楽しめる。
拳とか足の内側など成形色部分がちょっと安っぽく見えるのが残念だけど。

リデコで目立つのは頭部と腰アーマー。
頭部は短い角だけでなく、顔自体も微妙に違うのはアラートのときと同じ。

あと今回何が嬉しいと言ってアマゾン特典のミサイルランチャーをやっと使用できるのが嬉しい(笑)
2分割にしただけあってメッキ処理も美しく非常にいい感じ。
変形時に余剰パーツになってしまうのはまあしょうがない。

ビークルモード

色だけでなく塗り分けもプロールと異なるのでイメージはガラリと変わる。


ランボルが出た当時は割高かなと思ったカーロボマスターピースだが、他のアイテムの値段が高騰していく中、このクオリティでこの値段は非常に貴重。
フェアレディ型の次のカーロボやインタビューでやると言っていた合体戦士の発表が待ち遠しい。


2013年10月21日(Mon)▲ページの先頭へ
TFアンコール20A デバスター[アニメカラーVer.]+建造派アップグレードパーツXP-1

トランスフォーマー復刻版のデバスターに非正規アップデートパーツ使用。

まごうことなきデバスター。アニメそのままのイメージが素晴らしい。
色もアニメカラーVer.のグリーンが非常に美しいし
これで関節の可動範囲と保持が良ければマスターピースいらないレベル。

イケメン頭部は発光ギミック付き。
個体差なのかわからないが発光部が右に寄っていて正面写真に耐えられなかったのが残念。
後頭部のネジをはずしても接着されてて分解できなかったです。

正規品以上にパーツ数が価格に影響しそうなので仕方ないんだけど
肘の上腕側に回転軸があればポージングの幅が格段に上がったんだけどなー。

あと指が可動式だが、付属の武器が保持できないし、ポロポロ指が落ちるという残念仕様。
これなら固定の握り手、持ち手、開き手付属の方がよかった。


元から余剰パーツで合体する玩具だったので、アップデートパーツに差し替える抵抗感もないし
各部はオリジナルのG1トランスフォーマーなので再現度は完璧
下手にアレンジするとジェネレーションのブルーティカスみたいに残念な手足になっちゃうし。
現時点ではベストのデバスター玩具。

ただデバスターとしては良くても、各ビルドロン単体で見るともとのG1玩具なので、いつかはマスターピース化して欲しいという願いは変わらず。
今のタカトミなら余剰なし、ビルドロン、デバスター両スタイル両立で出来るはず!という期待。


2013年10月06日(Sun)▲ページの先頭へ
TFジェネレーションズ スプリンガー

スプリンガーというか現代風にアップデートされた2010のスプラング。

SPRINGER

こいつ誰だレベルのイケメン化
スタイルもいいし、関節もいい意味でカチカチ
ロボモードは非の打ち所のない出来。

ヘリモード

意外にカッチリした変形で隙間も少なくヘリコプターしている。
あとは前輪が完全に隠れていたら完璧だったんだけど。

装甲車モード

装甲車というよりラリーカー的なカッコ良さ。
さすがオートボットというか、単変形トランスフォーマーと比べても遜色ないカッチリした変形。
個体差なのか屋根のパネルがキチンと閉じなかったのが残念だったけど。

先に開封したブリッツウイングが隙間が多いビークルモードだったのでトリプルチェンジャーにその辺は期待していなかったのだが、スプリンガーはロボ、ビークル共に高レベルのスタイルですばらしい。


2013年09月29日(Sun)▲ページの先頭へ
MP-17 プロール

ついにランボルに続くカーロボットマスターピースの完全新作が!
やっぱり新規造形は手に取るときのドキドキ度が違う。

PROWL

特徴的な脚部やウイング、頭部など文句なしのアニメ再現度。
あと銃のホールドが固いくらいにしっかりしていたりとランボルよりも進化している部分もある。

ビークルモード

個体差なのか平均値が上がったのかわからないが、塗装の精度やビークル時のパーツの合いが大幅に向上。
この辺はカーロボットマスターピース唯一にして巨大な欠点だったので今後もこのクオリティを保ってもらいたい。

ランボルとの比較

まったく違う体型、変形で身長を合わせてきているのがすごい。
やっぱりリアルタイプのフィギュアは並べて楽しめるのが重要な点だし。

今後しばらくはプロール型の発売がつづくが、次のカーロボットが何になるか楽しみでしょうがない。
個人的にはバンブルかアイアンハイドがいいなー。どっちもバリエーション展開できるし可能性はある?


2013年09月22日(Sun)▲ページの先頭へ
wave 1/10 BEACH QUEENS 萩原雪歩

アイマスのビーチクイーンズでやっと雪歩の登板。

真っ先に浮かぶ感想は、顔の別人度が高すぎるorz。

身体の方は安定のビーチクイーンズクオリティなのに。

ラインナップが充実していて、クオリティがバラバラのビーチクイーンズは厳選して購入しているはずなのに
今回かなり残念な気分。
サンプルからの劣化なのか、サンプル撮影者の腕が良すぎたのかわからないが……。


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    全300件