格闘技

ゲーム系レビューブログ
カテゴリ
なががなブログ
なががなブログ/一覧 (1463)



2017年9月
         
22 23
24 25 26 27 28 29 30

新着エントリ
Renderform P.A.X. ORION Head Upgrade Kit (12/4)
フリュー ラブライブ!コンプリートフィギュア 星空凛 (10/2)
ハズブロ6インチ ブラックシリーズ ダースベイダー (9/28)
S.H.モンスターアーツ ゴジラ[2014] (9/15)
コトブキヤ 1/8 南ことり−夏色えがおで1,2,Jump!Ver. − (9/12)
TF歴代司令官コレクション コンボイ(初代) (9/10)
ROBOT魂 フルアーマーZZガンダム (9/8)
セガ ラブライブ!プレミアムフィギュア "HONOKA - No brand girls" (6/2)
TFクラウド オプティマスプライム (6/1)
TFジェネレーションズ ホワール (5/17)
Cubex ENGINEER HUFF (5/7)
ROBOT魂 Hi-νガンダム (5/6)
超合金魂 ダイターン3 リニューアルカラー (4/27)
ライブライブ!二期第1話 (4/10)
TF4 オプティマスプライム プレミアムエディション (4/9)
ラブライブ!スクールアイドルダイアリー 絢瀬絵里 (4/8)
MP-8 グリムロック (アジア限定再販版) (2/2)
NECA ジプシー・デンジャー (1/20)
TOYWORLD TW-02 ORION (12/3)
NECA ストライカー・エウレカ (12/1)
S.H.モンスターアーツ ビオランテ (11/25)
FANS TOYS FT-03 QUAKEWAVE (11/24)
NECA ナイフヘッド (11/23)
TFジェネレーションズ ブリッツウイング アップグレードパーツ SXS-A03 (11/18)
TFジェネレーションズ メトロマスター オプティマスプライム (11/17)
ヴァリアブルアクションHi-SPEC キングスカッシャー (11/4)
TFジェネレーションズ オライオンパックス (11/3)
MP-18 ストリーク (10/28)
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 (10/27)

新着トラックバック/コメント








人気blogランキングへ

アーカイブ
2005年 (49)
11月 (18)
12月 (31)
2006年 (279)
1月 (31)
2月 (25)
3月 (23)
4月 (22)
5月 (20)
6月 (22)
7月 (22)
8月 (23)
9月 (20)
10月 (23)
11月 (24)
12月 (24)
2007年 (272)
1月 (24)
2月 (23)
3月 (19)
4月 (21)
5月 (26)
6月 (21)
7月 (26)
8月 (23)
9月 (23)
10月 (24)
11月 (20)
12月 (22)
2008年 (237)
1月 (23)
2月 (23)
3月 (16)
4月 (18)
5月 (19)
6月 (19)
7月 (21)
8月 (24)
9月 (21)
10月 (19)
11月 (10)
12月 (24)
2009年 (197)
1月 (15)
2月 (4)
3月 (25)
4月 (17)
5月 (11)
6月 (20)
7月 (20)
8月 (18)
9月 (16)
10月 (13)
11月 (20)
12月 (18)
2010年 (162)
1月 (14)
2月 (16)
3月 (17)
4月 (17)
5月 (21)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (11)
11月 (12)
12月 (5)
2011年 (117)
1月 (12)
2月 (5)
3月 (12)
4月 (6)
5月 (6)
6月 (9)
7月 (14)
8月 (8)
9月 (12)
10月 (11)
11月 (11)
12月 (11)
2012年 (88)
1月 (10)
2月 (10)
3月 (5)
4月 (3)
5月 (10)
6月 (9)
7月 (6)
8月 (10)
9月 (11)
10月 (5)
11月 (7)
12月 (2)
2013年 (44)
3月 (10)
4月 (8)
6月 (2)
9月 (11)
10月 (4)
11月 (7)
12月 (2)
2014年 (18)
1月 (1)
2月 (1)
4月 (4)
5月 (3)
6月 (2)
9月 (5)
10月 (1)
12月 (1)


アクセスカウンタ
今日:45
昨日:319
累計:4,908,148


RSS/Powered by 「のブログ

[PR]



2008年12月31日(Wed)▲ページの先頭へ
Dynamite!! 勇気のチカラ2008

○ミノワマンvsエロール・ジマーマン
ミノワマンは独自の世界。
ミノワマンであったまった会場は単発で、その後すぐ鎮火。


K-1甲子園 準決勝×2
正直ここでやる内容じゃないし大舞台で見せられる代物じゃない。
こういうのを見るとK-1は別会場でやって欲しかったと思ってしまう。
テレビ向けのコンテンツなんだろうからどっかのスタジオでやったらいいんじゃない?


佐藤嘉洋vs○アルトゥール・キシェンコ
キシェンコの当ての強さ、佐藤の粘り強さが見られた。
悪くないが大晦日の試合じゃない


所 英男vs○中村大介
会場もやっとあったまってきた感じ。
中村の入場、西部警察のBGMに合わせて入場のバック映像が一人刑事モノ風。
全ての出演者が中村大介に見えて笑いそうだった。

腕の取り合いとしのぎあい。
まさかの体制からフィニッシュ。
所はいいかげんどうかしないとダメだけど試合自体は短い中に展開が目まぐるしく変わる良試合。


坂口征夫vs○アンディ・オロゴン
なんじゃこれのKO決着。
打撃とはいえ、本職のMMAで負けちゃ終わりだろう坂口。


K-1甲子園 決勝 ○HIROYAvs卜部功也
トイレタイム扱い。
応援団がうざすぎる。
甲子園らしさは出ているが、逆に会場は冷め切って、リングは真空地帯になってる。
選手がかわいそうなくらい。
さすがTBSと言っておこう。

休憩一回目

○ボブ・サップvsキン肉万太郎
なんじゃそれ2
途中まではグランドで万太郎のペース。いつものへたれサップ状態。
しかしラスト久々の突進打撃炸裂でサップ勝利。
レベルの低さがかみ合った試合?


○セーム・シュルトvsマイティ・モー
シュルトのチキンハートの本領発揮。
K-1では絶対的な強さ、総合ではチャンピオンになったくせに、試合が始まるとみっともなくあたふたして組み付くシュルト。
しかも試合はシュルトが下になってモーに攻められ続ける展開。
しかし驚きの三角締めでシュルト逆転勝利。


○桜井“マッハ”速人vs柴田勝頼
入場、初動で久々に柴田らしさ爆発。
結果は妥当すぎ。


武田幸三vs○川尻達也
本職相手にKO勝ち
場内総立ち。最高の試合。
この感動と沸き方は去年の三崎戦を思い起こさせた。


バダ・ハリvs○アリスター・オーフレイム
本職轟沈その2
本職のしかもチャンピオンかつGPの決勝まで行った選手がKOって……。
この試合も総立ち。会場はヒートアップマキシマム。

2回目の休憩

○ミルコ・クロコップvsチェ・ホンマン
なんじゃこれ3
足の内側に入ったローでチェ・ホンマン戦闘不能に。
靱帯を壊したかと思ったが歩いて帰ってるし、もしかして○○か?


武蔵vs○ゲガール・ムサシ
武蔵何も出来ず。
正直がっかり。もうやめた方がいいのでは?


○メルビン・マヌーフvsマーク・ハント
秒殺カウンター。
同じストライカータイプ。ウエイトの差があり過ぎる対戦。
それがマヌーフの秒殺勝利になるとはすげえ。ミルコを倒したときのランデルマンを思い出した。


○青木真也vsエディ・アルバレス
入場の表情から青木はモノが違う。
去年の緊急メイン抜擢から一年、この一年での成長はめざましいモノがあるな。
最高のエンディングでした……あれ?


桜庭和志vs○田村潔司
世紀の凡戦?
いい意味でも悪い意味でも懐かしさを感じる試合。
煽りVTRが田村メインに作られてて意外。


やっぱりライブでの観戦は最高。
あとテレビと違い、くだらないコメントを聞かなくていいのもかなり大きいポイント、TBSだし。

K-1ファイターが総合選手にK-1ルールで破れるのが印象的な大会だった。
かつては「ぽっと出の選手がついていけないレベル」と言われたK-1だが、それってまんま今の総合格闘技だもんな。
選手の能力的にもレベル的にももう総合の方がはるか上なのかな。


2008年01月01日(Tue)▲ページの先頭へ
やれんのか!大晦日!2007

PRIDEの直系だけあり、いい意味でも悪い意味でも会場でライブで体験する価値のある大会だった。

準備期間の問題か、資金、人員の問題か運営に関してはちょっとクオリティが落ちてた気がする。
入場時やトイレを探すときに係員に何度か間違った案内をされた。
ただ新年カウントダウンに間に合わすためか、試合間の間がなく、サクサク進むのは非常によかった。


ローマン・ゼンツォフVSマイク・ルソー
誰だよ!? という感じのマイク・ルソーだったが始まってみるとゼンツォフ相手に強さを見せつける試合。
今後どんどん上位に上がってくる可能性を感じられたけど、今後の大会がないし……。
テンポよく、わかりやすいという第一試合としての役割は果たせた試合。


川尻達也VSルイス・アゼレード
気負いすぎなのか川尻が全然動けていない。
テイクダウン後は川尻が毎回上になるが決め手なしでダラダラ続く展開。
正直つまらない試合。
ただ入場シーンの今までの溜めてきた想いと一夜限りの復活に対する複雑な想いが入り混じった胸が切なくなるような川尻の表情は素晴らしかった。


瀧本誠VSムリーロ・ブスタマンチ
文句なしにおもしろい。
ふつうの大会ならベストバウトに選ばれてもおかしくない試合。
瀧本とブスタマンチの手が非常に合って、立っても寝ても攻防が展開して見てて飽きない。
それだけに2ラウンドにダウンを奪った時に決められなかったのはダメだろう。
それをさせないだけの技量がブスタマンチにあったのか、瀧本に決める力が足りなかったのかはわからないけど、トップになれる選手は絶対ああいう所で決めるから。
いつの間にか瀧本が強さだけじゃなく”期待を抱かせる選手”になってたのが驚き。

多分こんな盛り上がりを期待して川尻を第二試合に持ってきてたんだろうけど……。
そこがダメでもきちんとこんな試合が生まれてしまうところがスゴイ。


石田光洋VSギルバート・メレンデス
かぶりつき試合第二弾。
この試合もムチャクチャおもしろい。
同じおもしろいでも、タイプが似てた瀧本VSブスタマンチとは違い明確にタイプの違う二人だがそれ故にかみ合う展開が素晴らしい。
単純に石田のタックルが入るか入らないかではなく、そこを起点に攻防が広がっていく。
ジャーマンが出たり首からバスターが出たりとファンタジスタな技も出るホントおもしろい試合。


三崎和雄VS三崎和雄
最高。
歴史に残る衝撃の試合。
あらゆる意味で奇跡の試合。
今思い出しただけでホント泣きそうになる。
リアルで残酷な世界だからこそ、奇跡的なドラマが起きた時にここまで感動するんだろうな。

技術的には三崎が数段上で特に蹴りに対しての対応に秋山の穴が見えた。
それでも秋山を中心に三崎がまわる展開で、しだいに秋山がプレッシャーを強めていくように見えたところが恐ろしい。
そして秋山が一撃で三崎からダウンを奪った時はホント怪物ぶりを見せつけられた感じ。
それでも心が折れない三崎が逆に一発逆転勝利。
会場の沸き様、一体感は史上最強レベル。これこそライブの醍醐味。

ただ試合後の三崎劇場は正直乗れなかった。
秋山の表情を見ても、とても三崎の思いが伝わったとは思えない。
まるで言語自体が通じていないかのような表情はホント怪物の名にふさわしい。


10分間の休憩
ここまでが最高な部分。
事前のカード発表の印象ではテレビ観戦で十分な感じだったが
いざ始まるとPRIDEの魂は健在で他では味わえないライブ感が最高。
選手とかカードとかではなくこの”場”がなくなる事がホントにもったいない。


エメリヤーエンコ・ヒョードルVSチェ・ホンマン
何故か休憩時間中にアナウンスが入り、Dynamite!!での生中継のため試合順が変更になったと言うありえない通知が。
会場のファンは暖かいので何とか乗ろうとするが煽りVTRでラストマッチとか言われてもどうすればいいのっていう次元。
ホンマンは入場時からあからさまにやる気が感じられない。
試合は予想通りにヒョードルの一本勝ち。
予定調和とは言えこれがメインならば気持ちよく帰れたのに。


桜井“マッハ”速人VS長谷川秀彦
ふつうの格闘技の試合。
キャリアの差か立ち技では長谷川の攻撃が完璧に見切られてるし
寝技になったらどちらも決めきれない。
元々試合順に疑問だったがそれを覆すこともない凡戦。
なにより会場の空気が一気に冷めてしまってるのでなおさら酷く見える。


青木真也VSチョン・ブギョン
急遽メインになってしまった青木。
これで相手がカルバンならまだ何とかなったけど、もはや青木の気持ちいい勝ち様しか期待できなくなってしまう。
だが実際の試合はブギョンが強かったのかダラダラとした判定決着で終了。
しかも年越カウントダウンぎりぎりだったためマイクアピールすらさせてもらえない。


あれだけライブ重視だったプライドがFEGとTBSが絡んだだけでこうも無残なイベントになってしまうとは。
上昇カーブで盛り上がっていた雰囲気が試合順変更で一気に冷め、最悪のイベントになってしまった。
色々な番組で言われているTBSの最悪振りを目の当たりにした形。


2007年01月01日(Mon)▲ページの先頭へ
PRIDE 男祭り2006 〜FUMETSU〜

今年はテレビ放送もないと言うことで初めて会場へ
2006年大晦日PRIDE 男祭り観戦メモ

男祭りに限らずPRIDEのオープニングの演出はホント素晴らしい
このライブ感だけは会場へ行かないと感じられない。

田村VSミノワマン
田村の入場時の拍手が思った以上に少なく寂しい
今のPRIDEでの活躍度からすればしょうがなくはあるんだけど。
試合自体は実力差を見せた田村の一発KO
田村も怒ってたけどあの膝蹴りでレフェリーは止めないと
田村自体の印象も悪くなった感じだし残念。
ただ前回と違う田村のキラーぶりは美濃輪の実力が上がったからだと思いたいが

郷野VS近藤
個人的には一番楽しみだったカード
でも試合は一番退屈な内容だった。
実力者同士の闘いで手を出す前の読み合いなのだろうが
そこを一歩突っ込んで欲しかった。

五味VS石田
見事なまでの五味の復活
会場の沸き方も最高潮
今後武士道が統合されるってことだけど
メインはどうなるんだろう。
少なくともヘビー以上にメインを張れると思うが

吉田秀彦VSトンプソン
正直吉田が負けるとは思ってなかった。
内容的にはキラー吉田ではなくガチンコ吉田モードで
あのトンプソンと打ち合うという燃える展開だったんだけど
いかんせん体格の差がありすぎて吉田がパンチを当てても効かない
打ち合いをしつつも最後は寝技で仕留める展開が欲しかった。
あとこの試合もレフェリーが止めるの遅すぎる。

ジョシュVSノゲイラ
再戦だが屈指の好カード
なんだけど、やはり連戦の果てに相手がノゲイラでは状況が悪すぎた。
スタンドも押されてるしグランドもふつーにガード状態になることが多く判定結果には納得。
アメリカ大会に出なかったノゲイラの作戦勝ちと言うのはジョシュに肩入れしすぎかな。

ヒョードルVSハント
GPでジョシュに敗れて評価が落ちた感じのハントだったが
この男はそんな物差しでは計れない事を思い知らされた。
とにかくグランドになったらおしまいと思っていたハントの粘りが素晴らしすぎる。
ヒョードルが投げても倒れると何故かハントが上になっているという異常な相撲(?)の強さとグランドの凌ぎっぷりに会場も盛り上がりまくり。
それでも結果的にはヒョードルの圧勝なわけで人類最強と言われるのは伊達じゃない。

試合数のわりにはスピード感があって見ごたえのある大会だった
最後もきちんと締めてくれたし。
でも通常の大会と違う男祭りっぽさというのは感じられなかった。
初めて行った自分がいうのもなんだけど。


2006年06月30日(Fri)▲ページの先頭へ
K-1 WORLD MAX 2006決勝戦

K-1MAXをテレビ観戦。

地デジのフルサイズ中継はいいね。
カットされることを除けばDVDよりいい。

最初の準々決勝がどれもいい試合すぎ。
ここまでの試合を見せられると逆にワンナイトトーナメント3試合勝ち抜きはもったいなく感じる。
このゴールデンカードの連続をもっとベストの状態で見たかった。
トーナメントだからこその気合の入り方ってのもあるんだろうけど。
プラス倒さないと勝てない状況がいい試合を生んでる。
MAXはここにきて一皮向けたレベルの高さと昔の熱気を取り戻した感じ。

優勝はブアカーオ
恐ろしくパンチが上達してた
それに、なによりフィジカルに説得力がある。
頭一つ飛びぬけたかも。


2006年05月05日(Fri)▲ページの先頭へ
PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦

恒例の大阪ドームでの開幕戦を見に行く。

桜庭のことがあったり、直前までカードが決まらなかったり、決まっても何か物足りないカードだったりと周辺の雑音が多くて雲行きのあやしかった今回のPRIDE。
実際チケットの売れ行きもよくないと聞いていたしちょっと心配しながら会場へ。

しかし終わってみると十分満足度の高い大会だった。

最初の二試合まではかなりやばい感じがしていたが
その後の三試合が爆発的によかった。

まず高坂VSハント。
引退をかけると言っていただけあり寝技立ち技での攻防が交錯して
見ているだけでおもしろい試合だった。
TV放送は見てないけどこれをフルタイム放送しないとしたらウソだよ。
ハントは前回に続き名勝負製造器化してきたな。

アレキサンダーVSジョシュ
今までの戦歴からアレキサンダー優位だと思っていた。
実際、開始直後からアレキサンダーが主導権を握る。
しかしジョシュが経験値の多さとスタミナでじょじょにアレキサンダーを追いつめていき
劇的な逆転勝利。
アレキサンダーがPRIDEトップクラスの実力というならばジョシュもそのレベルにあるということか。
正直ジョシュが勝って、今後のトーナメントが数段おもしろくなった気がする。

藤田VSトンプソン
絶大な期待感と共に参戦した藤田。
だがトンプソンにことごとくタックルを切られ全くキレがない。
トンプソンが強すぎるのか、藤田の調子が悪いのか
逆にトンプソンの打撃に追いつめられる一方。
しかしそこで終わらないのが藤田。
最後は怒濤の打撃でトンプソンをKO。
会場は最高にわいた。やっぱ藤田はすごい。メインイベンターの器だよ。

休憩はさんで後半の三試合はどれも秒殺。
実力差がありすぎ。
正直盛り上がる前終わってしまった。
結果論だが前半の後ろ三試合を後半に持ってくれば、最高に盛り上がりのある大会になったのに。

なんだかんだ言って最後にリングに上がった
二回戦進出者のメンツを見ると最強をうたうにふさわしいメンツだわ。
というか今回が査定試合で次からが本番って感じ。

全体としては最高ではないが十分満足。見に行ってよかった。


2006年05月03日(Wed)▲ページの先頭へ
HERO'S 2006 TV観戦

試合よりも何よりも一番のサプライズは
桜庭和志のHERO'S参戦発表!?

PRIDEのレベルの高さ&非情なマッチメイクについていけなくなって
PRIDE→HERO'Sという流れはもはや珍しくも何ともない話ではあるが
まさかPRIDEの象徴ともいえる桜庭までそうなるとは、信じられない。

仮面は外さなかったけど
高田道場の退団という状況もあるからありえない話じゃない。
逆にあれだけやって偽物だったら告訴問題になるだろうし本物なんだろうな……。

頑なにミドル級にこだわってた桜庭だけど。
そのこだわりって単にミドル級という名称だったの?
確かにHERO'Sでのミドル級は70kgだから、93kgのPRIDEミドル級よりは闘いやすくはなるんだろうけど
どうせ階級を落とすならPRIDEウェルター級(83kg)で闘って欲しかった。
五味のいるライト級と違い、決定的なエースがいないウェルター級なら今まで以上に輝けるだろうし、選手層も厚くてカードも色々ふくらむのに。

願わくば「フリーになったのでPRIDE、HERO'S両方参戦します!」みたいな夢のような現実だったらイイナ……。

追記
よく考えたらさすがには70kgは落とせないよな。
ミドルより上の階級ってこと?


2006年04月10日(Mon)▲ページの先頭へ
PRIDE武士道 - 其の拾 -

テレビ観戦。

結果だけはWebサイトで知ってたけど
やっぱ聞くと見るのとでは大違い。
やたらとおもしろい試合が満載だった。
このさらに上(?)にテレビで見るのと会場で見るのとでは大違いってのもあるんだけど。

編集も(?)素晴らしい。
ほとんど膠着とか退屈を感じさせない。
試合が今回のレベルを保てるならだが
ゴールデンで放送しても十分戦える気がする。

個人的にダンヘンの試合はフルタイム流して欲しかった。
立ち技で攻防があるってのは見てて一番おもしろいから。
ちゅーか郷野の試合といいダイジェストになってた試合どれもおもしろそうだよ、もったいない。

あとPRIDEはあおり映像のレベルが相変わらず激高い。
現段階のカードだけで、むちゃくちゃ無差別級グランプリが見たくなった。
吉田のコメントなんか最高にいかすし。


2005年11月19日(Sat)▲ページの先頭へ
K−1GP2005決勝

MAXでもHERO’Sでもない普通のK−1すげー久しぶりに見た。

アーツとかバンナとかセフォーのような昔の一線級の選手が次々脱落していくのを見るとちょっと寂しい。

決勝はシュルトVSグラウベというびっくり組合せ。
シュルトはほんと圧倒的な強さで優勝。
競技が違うとはいえこのシュルトをPRIDEでボコボコにしたハリトーノフはホント化物じみた強さだったんだな。

優勝後に流れてたBGMがジャイアントロボの曲に聞こえたんだけどいいのか?
もしかしてシュルト->巨人->ジャイアント……ロボ?